【ポケモンGO】誰でもできるAR撮影テクニック。これを読めばあなたもポケモンカメラマン!!

ポケモンGO(Pokémon GO)』でポケモンを撮影する際の機能「GOスナップショット」での撮影テクニックをいくつか紹介します。(文:えだまめ)

GOスナップショットは工夫次第で“映える”写真が簡単に撮れるぞ! 筆者が実際に使っているテクニックを大公開!

トレーナーの皆さんの中には「GOスナップショット」をメインに遊んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

GOスナップショットを使用すれば、愛着のあるポケモンや思い出の詰まったポケモンを、自分の好きな場所で撮影可能なので楽しすぎますよね!

しかし、AR撮影で思ったように撮影するのは結構難しく「撮影は楽しいんだけど、もっと上手く撮るコツは無いのかな?」と思っているトレーナーさんも多いはず。

というわけで、今回の記事では普段のAR撮影をお手軽にレベルアップ可能な方法をいくつか紹介しちゃいます!

2019年6月20日追記:
※本記事はポケモンGOユーザーで話題となっている撮影法をご紹介しております。

うまくポケモンが出現しない時の解決法

「そもそもポケモンがうまく出現してくれない……」というのは、結構AR撮影あるあるだと思います。

うまくポケモンが出現しない原因はいくつか考えられるのですが、

  • 地面が光を強く反射している
  • 水面や強風で植物が揺れているなど、地面が動いている状態
  • 撮影に必要な光が足りず、地面がはっきり見えない(暗すぎる)
  • ポケモンが出現するためのスペースが足りない(狭すぎる)
  • 人の目が錯覚を起こす様な、直線の多い風景

主にこの5つが原因であることが多いです。

つまり、地面がしっかりとカメラに認識されないと、ポケモンが出現しないということになります。

これを手っ取り早く解決するには「自分の足元を写して地面を認識させる」という方法が有効。


一度地面が認識されれば、そのあとは移動して構図や距離感を自分が動いて調整するだけ。

ポケモンの位置自体を変更したい場合は、出現させたい場所で足元を写して、同じ様に出現させるだけで自由自在ですよ。

▼足元に出現させるのも、結構斬新でかわいいですよ!


夜の撮影では街灯などの光を利用してみる

暗くてそもそも地面が認識されないという時は、街灯などの街中にある光源が地面を照らしている場所を探して撮影するのがオススメ。

一度足跡さえ出してしまえば、あとは同じ様に撮影するだけなので、夜間撮影も可能ですよ。

ポケモンを宙に浮かせるテクニック

通常の方法では、ARで出現したポケモンを宙に浮かせることは不可能。

しかし、100円均一や家電量販店で販売している「スマホ用広角レンズ」を使用すれば、ポケモンを宙に浮かせることが可能です。

▼筆者は100円均一のものを愛用しています。お手軽なので始めやすいですよ。


宙に浮かせる方法ですが、まずは撮影したいポケモンを普通に出現させます。


ポケモンが出現したら、広角レンズを素早く装着。すると、地面の判定が歪んでポケモンが宙に浮かび始めます。


地面の判定がめちゃくちゃになっている影響で、かなりランダムに動くので撮影は難しいですが、シャッターを連写すればまるで飛行している様な写真が撮影可能です。

たまに遠ざかったりしちゃいますが、


近寄ってきたタイミングでパシャり! 自分の頭上をボーマンダが通り過ぎているみたいですよね!


かなり高い場所にも移動してくれます。


この方法の応用テクニックとして「ポケモンが希望の場所まで移動したら、即広角レンズを外す」というものがあります。

広角レンズをつけたままだと、ポケモンがランダムで移動してしまいますが、レンズさえ外せばポケモンの動きが止まります

空中に出現したポケモンでも、タップをすることで威嚇行動をしたり、こちらを向かせたりが可能なので、あとは自分が動けば思い通りに写真撮影が可能です。

一眼レフ風に撮影するテクニック

実は道具を何も使わずこのように一眼レフ風の撮影をすることが可能。


撮影方法ですが、撮影したいポケモンを普通に出現さえた後にカメラを手で覆い、撮影の瞬間に手を外してシャッターを切るだけ!


手を外した直後はポケモンの背景にピントが合っていないので、初めに紹介した写真のようになるということです。

手を外す瞬間にスマホが動いてしまいがちなので、何枚か連写すると成功しやすいかも。

あえてAR+モードを切ってみるというテクニック

設定からAR+モードを切ることで、特別なテクニックを使わずに、手に乗せたり足場の狭い場所に乗せることも可能!

AR+の機能を切ってGOスナップショットを起動すると、常時画面中央にポケモンが固定されます。


普通に撮影すると、不自然な写真になってしまいますが、ポケモンの位置とサイズが変わらないことを逆手にとれば、

手に乗せたり、


普段は乗せられない狭い場所に乗せたりすることも可能ですよ!


撮影したい場所とスマホの高さをなるべく平行にすると、ちゃんとリアルに撮影可能なので、一度試してみてくださいね!

写真にストーリーを持たせるとAR映えするぞ!

撮影したいポケモンにストーリーを持たせると、いつもと雰囲気の違う写真が撮影可能。

こちらは飛ぶのに挑戦しようとしている風のポッチャマ。足元に水場を選び、よりそれらしくしてみました。


こちらは太陽を利用して「ホウオウのソーラービーム!」を表現してみました。


そのポケモンがやりそうなことを考えて撮影したり、そのポケモンが生息していそうな場所で撮影したり、自然の風景を利用して撮影をすると、いつもよりワンランク上の写真が撮影できちゃうかも?

GOスナップショットチャレンジに挑戦してみよう

現在「GOスナップショットチャレンジ」が開催されています。

このチャレンジに参加すると、受賞した写真入りのポケストップ設置権や「Pokémon GO Fest」の開催都市への旅行券+「Pokémon GO Fest」のチケットがもらえちゃうかも?

撮影テクニックを磨いて、世界イベントへの参加を狙ってみましょう!

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 304.1 MB
・バージョン: 1.107.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ