『Apple Watch series 6』とseries 5を比較!SpO2(血中酸素濃度)センサーが搭載【マイナーアップデートで変化はほぼなし】

Appleの新スマートウォッチ『Apple Watch series 6』と前モデルseries 5を比較しました。



『Apple Watch series 6』と前モデルseries 5のスペックを比較!


series 6とseries 5の大きな違いはチップセットとSpO2センサーの搭載、本体カラーの追加です。

series 6はアップルシリコン「S6」にチップセットがアップグレードされ、約20%性能が向上しています。

新センサーとしては、血中酸素濃度を15秒で測定できるSpO2センサーを搭載。本体カラーはブルーとプロダクトレッドの2色が追加されました。

以下がseries 6のseries 5からの変更点となります。その他デザイン面などの主な変更点はほぼなく、series 5のマイナーアップデート版となるようです。

なお、series 5はすでにApple公式サイトでの表示がなくなっており、生産は終了している見込みです。

Apple Watch series 6 series 5
ディスプレイ OLED常時表示Retinaディスプレイ OLED常時表示Retinaディスプレイ(感圧タッチ対応)
搭載チップ S6 SiP、W3ワイヤレス、U1 S5、W3ワイヤレス
センサー SpO2センサー、光学式心拍センサー 光学式心拍センサー
その他機能 GPS/GNSS、コンパス、常時計測の高度計 GPS/GNSS、コンパス、気圧高度計

スペック・画像はAppleより

<関連記事>
Apple新製品発表会まとめ。『iPad Air 4』、『iPad 8』、『Apple Watch Series 6/SE』、『Apple One』など | AppBank
「Apple Watch series 6」発表! 価格は42,800円からで発売日は9月18日! | AppBank

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!