Appleが新サービス『Apple Fitness+』を発表【日本でのサービス展開は未定】

Appleは9月16日に行ったオンラインイベントにて、Apple Fitness+を発表しました。



新サービス『Apple Fitness+』とは


Apple Fitness+は、Appleの新しいサブスクリプション制フィットネスサービスです。

Fitness+には筋トレやヨガ、ウォーキングからランニング・サイクリングにダンスなど様々なエクササイズが用意されています。

ワークアウト中にはiPhoneやiPad、Apple TVから自分の消費カロリーなどの数値を見ることが出来ます。モチベーションアップにつながりそうですね。

他にも運動に音楽を合わせたり、トレーナーからアドバイスを貰ったりすることも可能です。最近テレワークなどで家に閉じこもり気味の人にはうってつけのサービスです。

なお、Apple Fitness +には、watchOS 7、iOS 14、iPadOS 14またはtvOS 14にいずれかのデバイスが対応していることが必要となっています。

2020後半にサービス開始!日本展開は未定


Apple Fitness+は2020後半にサービス開始とのこと。日本展開は未定で、まずは米国内から開始されます。

料金は月額で9.99ドル(約1千円)、年で79.99ドル(約8.4千円)。Apple Watch所有者は一か月無料体験が可能で、新規購入者には3か月の無料体験特典が付けられています。

また、同日に発表された新サービス「Apple One」のプレミアムプランにはFitness+も含まれているとのこと。こちらは月額が約29.95ドル(約3.2千円)からとなっており、他のサービスもしっかり使う場合、大分お得なプランとなっています。

<関連記事>
サブスクまとめ契約サービス『Apple One』発表! 価格は1,100円から

画像はAppleより

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!