ベリングポイントのiPhone1000台導入はiPhone 業務用アプリ開発の追い風となるか?

先ほど、ソフトバンクがんばってiPhone販売してくれと書いていたところにこのような記事を発見。

大手コンサル会社のベリングポイント、iPhone 3Gを約1000台導入:モバイルチャンネル – CNET Japanより

大手コンサルティング会社のベリングポイントは10月6日、ソフトバンクモバイルが提供するiPhone 3Gを業務用携帯電話として約1000台導入すると発表した。国内の法人市場における初めてのiPhone 3G大口顧客の事例になるという。

 コンサルタント全員にiPhone 3Gを導入する。採用理由については、「場所を問わずにPC並みの環境を確保することを狙いとしている。現在、米国ではiPhone 3G向け業務アプリケーションが開発されており、日本でも順次展開していくことが想定できる」(ベリングポイント)と説明している。

 また、今後ベリングポイントは、iPhone 3Gを使った業務改革を顧客企業に提案していく考えとのことだ。

一体いくらで1000台ものiPhoneを販売したのかも気になりますが、iPhoneを業務用に使いこなすという具体的な実例の方が気になります。登録するアプリの制限やこちらに書いてある専用アプリの使用などもあることでしょう。

コンサルト先の顧客の業務環境を全てiPhone化させるためにソフトバンクと組んでやっていくための戦略ではないかとも思えますが、ベリングポイントのプレスリリースに詳しい内容が載っていますね。下記二点が決めてとなったとのこと。

  • コンサルタントの多くが顧客企業に常駐するベリングポイントでは、全コンサルタントへの高速データ通信カードと携帯電話の貸与によりモバイルワークの環境改善を図り、コンサルタントの価値創造力を最大限に高めるワークスタイルを追求しています。今回のiPhone 3Gの導入によりいつでもどこでもPC並みの環境を確保し、場所を選ばないワークスタイルをさらに深化させることを狙いとしています。
  • 現在米国ではiPhone 3G向けのさまざまな業務アプリケーションが開発されており、日本でも順次展開されることが想定されます。ベリングポイントは、将来的に顧客企業にiPhone 3Gを使った業務改革を提案していくことを検討しています。

業務の効率化の次にやはり顧客企業へのiPhone利用による業務改革の提案とありますね。iPhone アプリ開発会社は彼らと組むことでiPhoneの業務用アプリ開発という新たな市場を作っていけるのかもしれません。

関連ニュース:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!