アップル、いくつかの訴訟を棄却できないか連邦裁判所に相談。


Macworld | iPhone Central | Apple asks judge to make iPhone lawsuit mootによると先週末に裁判所より公開された文書よると製品に満足していないiPhone 3G所有者が製品の修理や返金を求めずに訴訟をした場合、その訴えを却下しても良いか連邦裁判所に尋ねたそうです。

具体的なケースとしては2008年八月にアラバマ州の女性による、アップルのiPhoneは通話中に途中で切れることが頻繁で、公告で言われているよりも遅い通信速度だという訴えがあった。同様の訴えが他にもあり事態は集団訴訟にもなりかねない。

アップルの弁護人が言うには「原告の訴えは先行する訴えに基づいた大事な条件を明かに見落としている」それらは、アップルの1年保証に基づいてiPhone 3Gの交換や修理を求める申し立てをしていることだ。

アラバマ州法とアップルの保障には「消費者は訴訟をする前に、修理や返金を求めること」とある。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!