アメリカでビジネスを営む大企業は連邦法人税を全く支払わない?

Study says most corporations pay no U.S. income taxes | U.S. | Reutersこちらのロイターの記事によると、数千億ドルという売り上げにもかかわらずアメリカにある企業やアメリカでビジネスを行う海外企業のほとんどが連邦法人税を支払っていないと報じています。本当かどうか疑いたくなるニュースです。

アメリカでビジネスを営む72%の海外企業と57%アメリカの企業が1998年から2005年の間に少なくとも一年間以上法人税を支払っていないそうです。どの企業かは明らかにはしていないのですが、どの企業もなんらかの理由をつけては連邦税を支払わないようにしているとのこと。

多くの企業が収益を海外に送ることで税金をちょろまかしている、という発言もあり、アメリカでビジネスを営み、25億ドル以上の資産を持つ海外企業の28%が総売り上げ4860億ドルにもかかわらず2005年連邦税を全く支払っていない。アメリカで最も大きな会社の25%も1.1兆ドルの売り上げにもかかわらず2005年連邦税を全く支払っていないということです。

アメリカの税金ってどんな仕組みなのでしょう?そんなだから金融恐慌なんかおこすんだなんていいたくなりますね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!