RemoteKey: MacのキーボードからiPhoneに長文を入力できるアプリ。2147

RemoteKey

iPhoneはいつでもどこでもメールやWebブラウズ、地図の確認ができて非常に便利だ。しかしパソコンに比べれば、テキストの入力が面倒なのは否めない。ある程度はソフトウェア・キーボードへの慣れの問題とも言えるが、特に長い文章・URL・住所の入力ともなると、思わず外付けキーボードが欲しくなってしまうこともしばしばだ。

RemoteKeyは、MacのキーボードをiPhoneの外付けキーボードとして利用できるアプリだ。これなら、iPhoneでは入力が億劫な長尺テキストも、サクサクと入力できる。

 RemoteKey


先日紹介したNumberKeyと同様、Mac側に専用ソフトRemoteKey Connect(無料)をインストールし、Wi-Fi経由でiPhoneと接続する形になる。もちろんアドホック(1対1)接続も可能なので、ベースステーションのない外出先でも使用可能だ。

RemoteKey


RemoteKey

Mac側でRemoteKey Connectを、iPhone側でRemoteKeyを起動すると、Mac側にiPhoneの画面を模した入力ウインドウが表示される。ここにテキストを入力し、ウインドウ右下の転送ボタンをクリック。「Mailで送信」「Safariで開く」「Mapで検索」の各ボタンが表示されるので、いずれかをクリックするだけの簡単操作だ。


「Mailで送信」をクリックすると、iPhoneのメールアプリで新規メッセージが開き、入力したテキストが自動的に本文にペーストされる。件名と宛先を入力すれば、即送信可能だ。

RemoteKey RemoteKey


iPhoneでは入力が面倒な長いURLも、RemoteKey Connectに入力し「Safariで開く」をクリックすれば、iPhoneのMobile Safariで開ける。Webサイト制作などでiPhoneでの表示を確認する場合には便利だろう。

RemoteKey RemoteKey


住所や所在地を入力して「Mapで検索」をクリックすれば、iPhoneのマップアプリに転送され、検索のうえ地図が表示される。

用途は限定されるものの、アイディア次第ではなかなか有用なアプリだと言えそうだ。今後のバージョンアップでは、ぜひSMS/MMSに対応してもらいたい。また、Windowsへの対応も望まれるところだ。


※過去にもレビューしててかぶっちゃいました。Remotekey : Wifi使ってMacのキーボードからiPhoneに直接テキスト入力。1462

 RemoteKey
  • 販売会社リンク:RemoteKey
  • 参考価格:230円
  • ユーティリティ(Utilities)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
スマホを便利にするアプリランキング