SyncBook: Macユーザ注目!iPhone・Mac間でメモや文章を軽快に同期するアプリ。何と無料!2099

SyncBook
SyncBook


SyncBookは、iPhoneとMacとの間でテキスト(メモや文章)を双方向に同期できるアプリ。取り扱えるのは標準テキストのみと割り切った仕様だが、操作がシンプルでわかりやすく、動作も軽快。しかも何と無料で使える、というのがポイントだ。


SyncBook


Macとの同期はWi-Fi経由で行う。まずは開発元のサイトからMac用のコンパニオンソフト(無料)をダウンロードし、インストールした後に起動しておく。

SyncBook


SyncBook


SyncBook

次にiPhone側でSyncBookを起動し、メッセージの「OK」ボタン、次いで右下の歯車ボタンをタップ。


設定画面上の「Syncing」に「None」と表示されているが、構わずタップ。次の画面にMacの名前が表示されているはずなので、それをタップ。これで同期が確立する。

SyncBook
SyncBook


マック用コンパニオンソフトのユニークな点として、テキストエディタを内蔵していないことがあげられる。扱うのが標準テキストのみということもあり、Mac OS X標準の「テキストエディット.app」を呼び出して作成・編集作業を行うのだ。作成・編集したテキストファイルは、ホーム>ライブラリ>Application Support>NotesSyncに保存される。

SyncBook


SyncBook


同期するには、iPhone側で画面左下の丸矢印ボタンをタップするだけ。Mac側で保存したテキストがiPhone側に読み込まれる。また逆に、iPhone側で作成したテキストがMacに転送される。

SyncBook
SyncBook


SyncBook

iPhone側での文章作成・編集も、軽快な操作感でストレスなくこなせる。編集の途中で前回の保存時点に戻すことも可能だ。


フォントや表示カラーの変更も可能だ。ただしフォント変更が有効なのは半角英数字のみで、全角文字に関してはヒラギノ角ゴシック固定だが。

SyncBook
SyncBook


SyncBook

テキストファイルはカテゴリやラベルで分類したり、メールで送信することも可能。


シンプルで一見地味なアプリだが、使い勝手は上々。何よりも無料というのは嬉しい。iPhoneとMacでメモや文章をひんぱんに送受するユーザにおすすめ。


SyncBook
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのビジネス・仕事に役立つアプリランキング