【昼刊】iPadであそぼう。お絵描き編。Adobe ideasで高橋編集長を描く。

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2011年10月28日から始まった「AppBankフライデー」ですが、ついに休刊です。
やはり先週の席替えはイタかった…。

ということで、フライデーは今後、ネタがたまり次第(多分月1回ぐらい)のお届けになります。
その他の金曜日はしばらく色んなコーナーをぐるぐると挑戦しますので、お付き合いいただければと思います!


と、いうことでさっそく今週は「iPadであそぼう。お絵描き編」です。
きっかけは@CREWBESEさんから頂いた以下のメンションです。


詳しくお話を聞くと、高橋編集長のようなアニメチックなイラストをiPadで描くためのアプリを探していたそうです。
と、いうことで、いろんなアプリで高橋編集長を描いて選んだのが「Adobe ideas」です。

さっそく高橋編集長のアイコンを描いて遊んでみます。
Adobe ideasのアプリの詳細はこちらから→[iPad] Adobe ideas: iPadで最初に入れるお絵かきツールはこれで決まり!補正機能がすごい!

※ 高橋編集長のアイコンはNecojitaさんが描いてくださったアイコンです。

目次

輪郭をざっくり描こう

顔の部分に当たる丸をザックリ描きます。
頭の上から描き始め、途中の口がくる部分をつきだします。最後は前髪部分を輪郭の内側にチョロっと伸ばして顔完成。


次に体部分を描きます。だいたい顔の3分の1ぐらいのサイズで収まることを目標としてマルっと描きます。


そのまま両手(ヒレ?)を追加。ギザギザ部分は後から付け足す感じで、ピチピチいきましょう。


口、目などは輪郭線より細めに設定して描きます。輪郭で付き出した口の部分に合うように全力笑顔。目は口の両サイドにくるようにクリクリと。


模様部分を塗り始めよう

輪郭ができたら「新しいレイヤー」を追加します。レイヤーボタンから【+】でサクッと追加。


体の赤いマークから塗っちゃいます。水彩絵の具を重ね塗りしたような色の重なりを表現したいので、色の【透明度】を90%ぐらいに下げます。

こい…もとい、金魚っぽくビチビチと模様を描きます。


枠線に色が重なるのは気にせずガンガン塗ります。口、ほっぺもついでにペタペタ。


キーワードは「レイヤー操作」

色塗りが終わったら、またまたレイヤーボタンからレイヤーを操作します。今塗ったレイヤーを枠線のレイヤーの下に移動します。

ほら、これで枠線からはみ出してても、枠線内を塗ったようにみえます。


顔面を塗りたくれ!

「新しいレイヤー」をまた追加して、顔の肌色をガンガン塗ります。枠線はみ出しが怖くなくなったので、さらにベタベタと。


肌色レイヤーは、枠線、模様レイヤーより下に移動します。あんなに酷いベダ塗りがさっぱり収まってナイス!


さぁ、あと少し!

目の部分は下から「緑」、「茶色」、「白」と言う色が重なっています。わかりやすくそれぞれのレイヤーにわけて色塗りします。


仕上げのレイヤー移動だ

最後に、一番最初に描いた「枠線レイヤー」を一番上に持ってくると完成です。


完成!!!

メガネが足りないとかそういうことは言わない。忘れただけです。(ぉぃ)

いかがでしょうか?それっぽく仕上がってませんかね。


レイヤー操作に慣れてくるまで、しっかり仕上げることじゃなくて、描く手順を何度も練習しましょう。


と、いうことで、AppBankフライデーのネタがたまるまで、こんな感じでアプリで「◯◯をする」的なコーナーをやってみようかなぁと考えています。
何かリクエストあったら気軽にTwitterでメンション飛ばしたり、 mixiでリクエストしてみてくだいね。

おまけ:描きなれてくると、自分なりのカスタマイズして遊べるようになりますよ♪


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次