[iPad] Documents by Readdleの使い方: iPadをPCからアクセスできるファイルサーバにする方法

AppBank の主任です。無料のファイル管理アプリでは最強とも言える機能・使い勝手を持つ、Documents by Readdle の使い方をご紹介します。

Documents by Readdle


今回は PC からもアクセスできるファイルサーバ機能の使い方をご紹介します。

この機能を使えば Wi-Fi 経由で iPad にアクセスできるので、USB ケーブルがない時でも iPad と PC の間でファイルをやり取りできます。

さらに同じ Wi-Fi に接続する iPhone などからアクセスし、iPad 上のファイルを閲覧することもできます。

アプリの機能をおおまかにご紹介したレビュー記事はこちらです。
[iPad] Documents by Readdle: 無料のファイル管理アプリでは最強!PDF注釈/Dropbox同期もOK!

注意点

このサーバ機能は HTTP と呼ばれる、通信内容を暗号化せずにデータをやり取りする方式を使っています。

そのために iPad と PC 間でデータをやり取りすると、第三者がその内容を傍受することは比較的容易に行えます。

取り扱いに注意が必要なデータは、この方法でやり取りしない方が良いでしょう。

アクセスに必要なURLを確認する

【Network】をタップしたら右上のボタンをタップします。すると PC からアクセスする際に必要な URL を確認できます。

Documents by Readdle


PCからアクセスする

iPad と同じネットワークに繋がっている PC のウェブブラウザで先ほど確認した URL を開きます。

Documents by Readdle


アプリ内に入っているファイル・フォルダが全てリストアップされます。クリックすればダウンロードあるいは内容を表示できます。

Documents by Readdle


ファイルを iPad に送りたい時は、ページを下にスクロールして【ファイルを選択】をクリック。ファイルを選んだら【Upload File】をクリックして送信します。

Documents by Readdle


iPhoneからアクセスする

Safari を使えば、iPad と同じ Wi-Fi・ネットワークに接続している iPhone からアクセスできます。

左:Safari の URL 欄に先ほど確認した URL を入力して開きます。
右:すると iPad のアプリ内にあるファイルがリストアップされます。

Documents by Readdle Documents by Readdle


Documents by Readdle
ファイル名をタップすれば内容を確認でき、対応する他アプリにダウンロードすることもできます。


小生の環境では【ファイルを選択】でカメラロール・アルバムの写真を選択こそできたものの、iPad へ送信することはできませんでした。

セキュリティを強化する

初期設定のままではユーザー名・パスワード無しでアクセスできるため、同じネットワーク内に接続する PC などから自由にアクセスできます。

そこでユーザー名・パスワードを設定することでアクセスを制限してみましょう。

歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【Wi-Fi Drive】をタップして「Ask for Password」をオンにします。それからアクセスに必要なユーザー名とパスワードを設定します。

Documents by Readdle


ここで設定したユーザー名とパスワードは PC や他の iPhone/iPad からアクセスする際に必要になります。

サーバ機能を停止する

サーバ機能そのものが不要な場合は設定でオフにできます。

歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【Wi-Fi Drive】をタップして「Enable Drive」をオフにします。これでサーバ機能は停止するので、同じネットワーク内からもアクセスできなくなります。

Documents by Readdle


おすすめ iPhone アプリ
Documents by Readdle ・開発: Readdle
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 23.6 MB
・バージョン: 4.0

こちらの使い方記事もどうぞ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!