Retina Display搭載のiPad miniは2014年初旬まで発売されない?

AppBank の主任です。

Digitimes によると、Retina Display を搭載した iPad mini は年内には発売されず、2014年初旬に発売される可能性が高いと報じています。

その一方で、Apple は現行の iPad mini をアップデートしてクリスマス商戦に間に合わせる、とも Digitimes は予想しています。

Retina Display搭載iPad miniの解像度は2,048×1,536pxか

Digitimes は消息筋の話として、2014年初旬に発売される iPad mini の Retina Display は解像度が 2,048×1,536px になるとしています。

このディスプレイ解像度については CNET がすでに報じているものと同じです。

iPad mini用のRetina Displayの製造は6〜7月に開始か。

これは現行の iPad mini の解像度 1,024×768px の縦・横をそれぞれ2倍にした数値。iPad 2 から第3世代 iPad で Retina 化された時と同じパターンです。

(写真は現行の iPad mini と第4世代 iPad)


iPad と同じように Retina 化される可能性は以前から高いと噂されてきましたが、このような Retina 化が歓迎される理由にはアプリの互換性があります。

既に第3世代・第4世代(現行)iPad の Retina Display に対応したアプリは多々あり、2014年初旬に発売とされる iPad mini でもそれらのアプリをそのまま利用できます。もちろん表示も Retina Display に最適化されます。

2013年末発売のiPad miniは何が変わるのか?

Digitimes によれば、さらに軽く・薄くなることが予想されています。これは先日ご紹介したニュースでも触れられていました。

「iPad 5」は9月発売か。さらにベゼルが狭い新iPad miniの噂も登場。

また、ディスプレイ産業の動向を調査している DisplaySearch 社のアナリストは既に同様の分析を6月18日に発表しています。

一方で「iPad mini の内部がどのように変更されるか」ですが、DisplaySearch 社の分析によれば、A6 プロセッサを搭載するとされています。

また、iOS 7 ではグラフィックやエフェクト、マルチタスク機能などが強化されていることを考えると、GPU・メモリにも何らかの増強が施されると考えられます。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!