Apple、非純正USB充電器の下取りプログラムをアメリカ・中国で発表。

AppBank の主任です。

Apple が、自社製ではない iPhone/iPad/iPod の充電器を下取り、ユーザーが10ドル相当で純正充電器を購入できるプログラムを発表しました。

現時点で対象となっているのはアメリカ・中国の Apple 製品ユーザー。日本ではまだ発表になっていません。

以下の画像は Apple が実施しているプログラム一覧を比較したもの。左がアメリカ版、右が日本版のウェブページです。

日本版のウェブページには、今回発表された「USB Power Adapter Takeback Program」に相当するプログラムがありません。

Apple


下取りを受けるには、Apple Store や認定販売店に最低1つの非純正 USB 充電器と iPhone/iPad/iPod を持ち込む必要があります。

プログラムの実施期間は、アメリカでは8月16日〜10月18日、中国では8月9日〜10月18日となっています。

転売を防ぐため、プログラムの適用は1台の iPhone/iPad/iPod に対して1回のみ。これを確認するために iPhone/iPad/iPod を持ち込む必要があります。

Appleがこのプログラムを始めた理由は?

Apple は発表の中で「偽の充電器・サードパーティ製の充電器が適切に設計されておらず、それが安全の問題につながっている例も報告されています」と記しています。

これは先月発生した、非純正充電器の使用による感電事故を指していると思われます。

そこで Apple は「ユーザーが適切に設計された充電器を入手できるよう、このプログラムを発表します」とプログラム開始の理由を説明しています。

一方で、上記文章の前には「すべてのサードパーティ製充電器がこうした問題を抱えている訳ではありませんが」とも前置きをしています。

充電器が純正品か否かを確認する方法

以下の Apple のウェブページで純正充電器の見分け方が分かります。

アップル – Apple USB電源アダプタについて

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!