Mac版iWorkアプリでツールバーの編集が可能に。iOS版もアップデート。

先日 Apple が発表した通り、Mac 版の iWork である Pages・Numbers・Keynote でツールバーのカスタマイズが可能になりました。

iWork


Pages はワープロ、Numbers は表計算、Keynote はプレゼン用のスライドを作成できるアプリで Mac 版のほかに iPhone/iPad 版ブラウザ版もあります。

現在の Mac 版では旧バージョンの機能が削除されたため、一部ユーザーから批判が上がっており、Apple が削除した機能を戻すと発表していました。

これに合わせてか iPhone/iPad 版 iWork アプリもアップデート。Keynote には新たなトランジションとビルドが追加されています。

Mac App Storeでアプリをアップデートする

Apple メニューを開いて【ソフトウェア・アップデート】をクリック。

iWork


Pages・Numbers・Keynote の3つのアプリがアップデートできるので、【すべてアップデート】をクリックしましょう。

iWork


ツールバーの編集は右クリックで

ツールバーのボタンの並び順・表示するボタンを編集するには、ツールバーを右クリックして【ツールバーをカスタマイズ】を選びます。

iWork


Mac版Pages・Numbersの変更点

Keynote に限らず、Pages・Numbers でもツールバーのカスタマイズが可能です。

Pages では、ページ中央と端を表すガイドが表示されるようになりました。図形・テキストボックスなどが整列させやすくなります。

Numbers では、ファイルを保存する際にウィンドウのサイズと配置も記憶。次に開く際に同じサイズ・位置で表示できるようになりました。

さらに環境設定ではデフォルトの拡大/縮小率も設定できます。

iOS 版の Pages・Numbers には新機能は追加されず、安定性向上・問題の修正が行われています。

Keynoteに追加されたトランジション・ビルド

Mac・iOS 版の両方の Keynote にはトランジション・ビルドが追加されました。

トランジションは以下のものが追加されました。

  • ブラインド
  • カラープレーン
  • コンフェッティ
  • 落下
  • 遠近感
  • ピボット
  • スウォッシュ

ビルドは以下のものが追加されています。

  • ブラインド
  • フライイン
  • フライアウト
  • 軌道
  • ピボット
  • 拡大
  • スウォッシュ

Keynoteと一緒に使いたい「Keynote Remote」

プレゼンを行う際に便利なのが「Keynote Remote」です。Mac/iPad で開いているスライドを iPhone で操作できる上に、発表者ノートもチェックできます。

以前は有料アプリでしたが、現在は無料化されています。筆者が確認したところ、最新の Keynote アプリとも連携できました。

Keynote Remote: プレゼン時に必須!Mac/iPadのKeynoteを操作できる純正アプリ。無料。

Keynote Remote
Keynote Remote


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!