米Apple Storeで「iBeacon」通知サービスを開始。運用には課題も。

Apple は、アメリカ国内の Apple Store で iBeacon と Apple Store アプリを使った通知サービスを開始しました。

Apple Store


(画像引用元:AppleInsider)

iBeacon は iOS 7 で追加された新機能で、Bluetooth 4.0 を使ってビーコンからの信号を受信。その信号を元にアプリが通知を行います。

AppBank では、これまで何度か iBeacon をご紹介してきました。

実際に Apple Store で使用した AppleInsider・Verge によれば、可能性を感じられるものの、まだまだ課題があるようです。

Apple Storeアプリ+iBeaconで何が起こる?

現時点では3つの通知が行われているようで、いずれの情報も Apple Store アプリを開いて確認することになります。

  • 入店時に「Welcome」通知、利用できるサービスを案内
  • iPhoneの近くを通ると「下取りサービス」「製品情報」を通知
  • バーコードをスキャンすればアクセサリの詳細情報が調べられると通知

Apple Store


(画像引用元:Verge)

いずれの通知も Apple Store アプリがインストールされていて、iBeacon で「ストア内通知」をオンにしている場合に受け取れます。

さらに Bluetooth をオンにすること・設定アプリの【一般】→【Appのバックグラウンド更新】で Apple Store アプリの更新をオンにしておくことが必要です。

残念ながら、日本の Apple Store では同様のサービスはまだ始まっていないようです。Apple Store アプリを確認したところ、関連する設定が見当たりませんでした。

運用上の問題点

Verge の取材に対して、Apple Store の従業員は「iBeacon はまだ未完成」と話しているように、Apple Store での通知サービスはまだ発展段階のようです。

例えば、ビーコンからの信号を何回も受け取ってしまうため、同じ通知が何度も表示される例が報告されています。

通知される情報のバリエーションも少なく、現在は iPhone とアクセサリ製品に限定されているようなので、あまり実用的ではない様子も伺えます。

ただ、情報を増やせば通知回数も増えるので客が不快に感じる恐れもあります。通知の回数と情報量のバランスは今後の課題でしょう。

プライバシーの問題もあります。

AP によれば、Apple は利用者の動向は記録していないと発表していますが、iBeacon を使う他社のサービスには客の動向を記録・分析できるとしているものもあります。

こうした懸念をどのように払拭するのかも、今後の iBeacon の課題となりそうです。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!