Appleが「TestFlight」親会社を買収。試作版アプリの配信機能を強化?

近い将来、アプリ開発者にうれしい変化が起こるかもしれません。

TestFlight


(画像引用元:TestFlight)

TechCrunch によると、Apple が「TestFlight」の親会社である Burstly を買収したようです。

Burstly はアプリ内広告を管理する「SkyRocket」を提供しており、子会社は開発者が公開前のアプリをテスト参加者・メディアに配信できる「TestFlight」を提供しています。

TestFlight は国内外を問わず、多くのアプリ開発者が利用中。Apple による買収が事実であれば、その動向に注目が集まります。

TestFlightとは?

TestFlight は、App Store に公開する前のアプリをテスト配信できるサービスです。

こうしたサービスを使わなくても開発途中のアプリを特定の iPhone/iPad にインストールさせることは可能ですが、TestFlight はそれをより簡単に行えます

TestFlight


(画像引用元:TestFlight)

ログ記録・クラッシュ報告機能を備えた SDK も提供中です。

これをアプリに組み込んだ上でテスト参加者に配信すれば、バグ・問題の発見と修正に役立ちます。

前兆があった?

TechCrunch によると、Apple による買収を思わせる前兆があったようです。

3月21日に Android のサポートを停止するとしているほか、先のログ記録・クラッシュ報告機能を備えた SDK の使用を義務化。

このほか、ベータ版として昨年公開された新サービスを停止するといった変更が続いてたとしています。

Appleはアプリ開発サービスを強化中?

Apple はここ最近、開発途中のアプリをテスト参加者に配信できるサービスを強化しているようです。

したがって今回の買収が事実であれば、アプリ配信がより簡単に行える TestFlight の機能は、Apple のサービスに組み込まれる可能性が考えられます。

Apple はTechCrunch に対して「Apple は時々企業を買収しています。通常、私たちはその目的・計画は明らかにしません」とコメントしており、買収を否定していません。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す