iPhone 6は「NFC」対応? Appleが決済サービス企業と契約か。

ついに iPhone がおサイフケータイになるかもしれません。

Passbook


BrightWire によると、Apple と中国のユニオンペイ(中国銀聯)とモバイル決済に関する契約を結びました。

NFC に対応した iPhone のPassbook アプリとユニオンペイの「QuickPass」に対応したレジで、iPhone を使った支払いが可能になるとしています。

さらに同記事では、すでにユニオンペイが iPhone に対応したシステムの開発に着手しており、Apple も iPhone 6 で NFC に対応する可能性が高い、と報じています。

ユニオンペイ・QuickPassとは?

ユニオンペイは、中国内外の加盟店で使える決済サービスを提供しています。このサービスで利用できるのが「銀聯カード」です。

銀聯カードは、支払うと口座からすぐに引き落とされる「デビットカード」やクレジットカードの機能を持っています。

そのユニオンペイが新たな決済手段として提供しているのが「QuickPass」です。

近距離で無線通信を行う NFC で、ユニオンペイが提供する決済サービスを利用できます。中国版の「おサイフケータイ」と言えるでしょう。

iPhone 6はNFCに対応するのか?

QuickPass は NFC を活用した決済手段です。BrightWire の報道が事実であれば、iPhone から同サービスを利用するには NFC に対応する他ありません。

すでに NFC は様々なスマートフォンが対応しているので、技術的な障壁は少ないと考えられます。

KGI 証券の Ming-Chi Kuo 氏も、iPhone 6 は NFC に対応すると予測しています。同氏の Apple 製品に関する予測は、比較的正確と言われています。

iPhone 6は日本でおサイフケータイとして使える?

日本と欧米では、NFC のデータを暗号化する方法が異なっています。

そのため、海外で開発されたスマートフォンは日本でおサイフケータイとして使えなかったり、仕様変更が必要になります。

この問題を解決する SIM カードが開発されているので、iPhone 6 とその SIM カードを組み合わせることで、日本でもおサイフケータイとして使えるかもしれません。

Touch IDと組み合わせてセキュリティ向上?

iPhone 5s で採用された指紋認証機能「Touch ID」を使うことで、不正使用を防ぐことも可能だと考えられます。

Touch ID

NFC を使って決済する場合、利用者の本人確認は行われません。

決済の前に Touch ID センサーに指を当てることで本人確認を行い、問題がなければ決済を行う仕組みを導入すれば、安全性が増します。

指紋認証と NFC の組み合わせは決済だけに留まりません。

Computerworld に掲載された記事では、NFC を使った入室認証システムにスマートフォンの指紋認証を加えれば、その信頼性が向上すると指摘されています。
Why an NFC iPhone Could be Big for Enterprise Security – Computerworld

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!