【iPhone 6の噂】4.7インチ版は5,000万台を生産予定か。10月から出荷を本格化?

10月ごろには、iPhone 6 が手に入りやすくなるかもしれません。

iPhone 6


(画像:G 4 Games

ニュースサイト『Digitimes』が関係者の話として、製造請負企業の『Foxconn』と『Pegatron』が、合計5,000万台の4.7インチ版 iPhone 6 を受注したと報じています。

一方で5.5インチ版 iPhone 6 は、Foxconn がすべて生産するようです。Digitimes の今回の記事では、その受注台数については明らかになっていません。

10月から本格的に出荷か

iPhone 6 の発表は、米国時間の9月9日(火)が有力視されています。その一方で、iPhone 6 の発売日については諸説あります。
iPhone 6の発表は9月9日? Appleがマスコミ向けのイベントを予定。

過去のパターンからすると、新型 iPhone は発表された翌週の金曜日に発売されています。(表はいずれも日本時間)

発表 発売
iPhone 4s 2011年10月5日(水) 2011年10月14日(金)
iPhone 5 2012年9月13日(木) 2012年9月21日(金)
iPhone 5s/5c 2013年9月11日(水) 2013年9月20日(金)
iPhone 6 2014年9月10日(水)? 2014年9月19日(金)?

しかし、9月中は在庫不足による入手困難に悩まされるかもしれません。Digitimes によると、4.7インチ版 iPhone 6 は10月から本格的な出荷が始まるとしています。

iPhone 6 の発売日はまだ不確かな情報が多いため、9月中に発売されるとは決まっていません。もしかすると過去のパターンとは異なり、出荷が本格化する10月に発売される可能性もあります。

5.5インチ版は1,800万台を生産予定か

7月中旬には、Apple が6,800万台の iPhone 6 を発注したとの噂が報じられました。このときのニュースでは、4.7インチ版と5.5インチ版についての情報がなく、6,800万台は2つのモデルを合わせた発注数だと考えられます。
【iPhone 6の噂】Appleが6,800万台のiPhone 6を発注? ただし初期出荷数は不明。

iPhone 6


(画像:Twitter

Digitimes が今回報じた「5,000万台の4.7インチ版 iPhone 6 を受注」と先の噂が事実であれば、残る1,800万台は5.5インチ版 iPhone 6 である可能性があります。

9月に iPhone 6 が発売されるとすれば、iPhone 5s 発売時のように売り切れになることも考えられます。今後も、iPhone 6 の出荷数や出荷時期に関する噂には要注目です。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!