【iPhone 6の噂】流出したロジックボードを分析! A8・1GBメモリ・NFCチップなどが見つかる。

流出したとされる、iPhone 6 用のロジックボードの分析が進んでいます。

iPhone 6


(画像:SonnyDickson.com)

カスタム iPhone を手がける『Feld & Volk』がロジックボードの写真を撮影、あるいは入手したようです。ジャーナリスト Sonny Dickson 氏のウェブサイトで、それらの写真が公開されています。

ロジックボードの写真をチェックしたニュースサイト『9to5Mac』・『AppleInsider』・『Mac Rumors』によると、iPhone 6 用とされるロジックボードに様々なチップが搭載されていることが分かりました。

記事によれば、ロジックボードには『A8』プロセッサ・NFC 用チップ・16GB チップのほか、新型 LTE モデムも搭載されているようです。さらに iPhone 6 のシステムメモリは 1GB になる、との分析も伝えられています。

A8プロセッサ搭載でメモリは1GB?

A8 プロセッサ搭載のは以前からありましたが、その姿は初めて公になったかもしれません。左がおそらく iPhone 5s のロジックボード、右が iPhone 6 用とされるロジックボードです。

iPhone 6


(画像:SonnyDickson.com・注釈は筆者によるもの)

この写真を元に A8 プロセッサの型番を調べた人物によれば、システムメモリは Hynix 製で LPDDR3 になるようです。肝心の容量は、型番が「H9CKNNN8」であれば 1GB、「H9CKNNNB」であれば 2GB になるとしています。

iPhone 6


(画像:Mac Rumors)

写真は不鮮明ですが、 Mac Rumors は型番の最後が「8」である可能性が高いとして、システムメモリは 1GB になるだろうと報じています。iPhone 5s もシステムメモリは 1GB なので、もし事実であれば、iPhone 6 でのメモリ増量はありません。

NFC用のチップを搭載か

iPhone 6 用とされるロジックボードには、NXP 製のチップも発見されています。NXP は、iPhone 6 向けに NFC 用チップを供給すると噂されている企業です。
【iPhone 6の噂】5.5インチ版の製品名は『iPhone 6L』? ベゼル薄型化やNFC搭載の噂も。

チップの型番は「NSD425」ですが、それ以外のことは分かっていません。AppleInsider によると、Apple はメーカーと協力し独自のチップを注文することがあるようなので、これもその1つなのかもしれません。

iPhone 6


(画像:SonnyDickson.com)

現時点で、このチップが NFC 用チップであることを示す証拠はないようです。NXP 製であることから NFC 用チップとする見方もありますが、NXP 製のチップは iPhone 5s で M7 コプロセッサとして使われている実績もあります。
iPhone 5sの可能性を広げる「M7コプロセッサ」とは?

容量ラインナップに16GBモデルを用意か

このロジックボードが試作機や試作品でなければ、iPhone 6 にも 16GB モデルが用意されそうです。ロジックボードには東芝製の NAND メモリ「THGBX3G7D2KLF0C」が載っています。9to5Mac によれば、容量 16GB のチップである可能性が高いようです。

iPhone 6


(画像:9to5Mac)

LTEモデムはMDM9625?

Mac Rumors は、ロジックボードにクアルコム製の LTE モデム「MDM9625」が載っていると指摘しています。チップの型番には画像加工が施されているものの、読み取れる部分を元に推測したそうです。

以前紹介した噂でも、iPhone 6 には MDM9625 が搭載されると言われていました。
【iPhone 6の噂】iPhone 6用とされる流出パーツを組立てた写真が公開!! 続々と出てくる噂をチェック!

iPhone 6


(画像:Mac Rumors)

MDM9625 はカテゴリー4の LTE モデムで、受信時で最大 150Mbps の通信が行えます。iPhone 5s には旧世代の「MDM9615M」が搭載されており、受信時で最大 100Mbps の通信が可能です。

MDM9625 は、キャリアアグリゲーションにも対応しています。複数の周波数帯の電波を同時に使い、通信速度を向上させる技術です。

Mac Rumors によると、キャリアアグリゲーションを利用するには「WTRL1625」と「WFR1620」というチップも必要ですが、いずれもロジックボードに搭載されているそうです。

以上のことから、iPhone6 はキャリアアグリゲーションに対応する可能性が高そうですが、問題は電波です。

ドコモ・au・ソフトバンクはキャリアアグリゲーションによる通信サービスを提供中、または提供予定ですが、iPhone 6 が対応する周波数帯でのサービス提供が行われなければ、キャリアアグリゲーションの恩恵は受けられません。

キャリア


今回公開されたロジックボードから判明したことは多々ありますが、NFC とキャリアアグリゲーションは日本で使えるのかは分かっていません。正式発表が待ち遠しいですね!

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!