【iPhone 6の噂】5.5インチ版の製品名は『iPhone 6L』? ベゼル薄型化やNFC搭載の噂も。

5.5インチ版 iPhone 6 には、あらたな製品名が付けられるのでしょうか。

iPhone 6


(画像:YouTube

ニュースサイト『Apple Daily』が信頼できる情報筋からの話を元に、5.5インチ版 iPhone 6 の製品名は iPhone 6L になると伝えています。最後の「L」は Large を意味するとしています。一方、4.7インチ版は『iPhone 6』になるようです。

さらに Apple Daily は、ベゼルを薄くした液晶保護パネル・NFC 機能・容量 2,915mAh のバッテリーを5.5インチ版 iPhone 6 が搭載するとの噂も取り上げています。

液晶保護パネルのベゼルを薄型化

5.5インチ版 iPhone 6 用とされる、ベゼルを薄くした液晶保護パネルの写真を Apple Daily は掲載しています。液晶を取り囲むベゼルのうち、左右の幅を減らすことで画面を大型化しつつも、iPhone のサイズを肥大化させない狙いがあるようです。

iPhone 6


(画像:appledaily.com.tw)

形状は先日公開された、液晶保護パネルに似ています。残念ながら、どのサイズの iPhone 6 のパーツなのかは分かっていません。
【iPhone 6の噂】フチが丸い液晶保護パネルや電源ボタンなどの写真が公開される

NFCに対応か

Apple Daily は NFC チップに関する噂も取り上げています。記事によれば、iPhone 6 には『PN65V』という NFC の制御チップが搭載されるようです。

『PN65』は NXP 社が製造しています。NFC に対応するサムスン GALAXY S3 や ASUS の Nexus 7 に搭載されています。PN65V は、この PN65 のシリーズ製品と考えられます。

Apple Daily の記事では、iPhone 6L に搭載されるとの記述がないため、NFC 機能は4.7インチ版と5.5インチ版の両方に搭載されるかもしれません。

容量2,915mAhのバッテリー

5.5インチ版 iPhone 6 用とされる、バッテリーの写真も公開されています。容量は2,915mAh と記されており、1,560mAh の iPhone 5s よりも容量が増えています。

iPhone 6


(画像:appledaily.com.tw)

なお、4.7インチ版 iPhone 6 用とされるバッテリーの容量は1,810mAh とのことです。

容量が増えれば、バッテリー稼働時間が伸びる可能性もあります。しかし、ニュースサイト『9to5Mac』は、大型液晶と新型プロセッサが搭載されることから、稼働時間は iPhone 5s と変わらないかもしれない、と指摘しています。

NFC 対応の噂は iPhone 5 の際にもありましたが、結局搭載されませんでした。今回の噂ではチップの型番は明らかになっていますが、その存在を示す証拠がなく、信ぴょう性は不明です。続報に期待しましょう。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!