iPhone 6sのボディが流出か。気になるサイズ・新機能の兆候は?

iPhone 6用のケースはそのまま使えるのでしょうか。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac)

ニュースサイト『9to5Mac』が、今秋発表と噂の『iPhone 6s(仮称)』に使われるボディの写真を入手したと報じています。

写真を提供したのは、Appleに部品を供給するネットワークに近い情報筋としています。また『9to5Mac』はこれまでにいくつものリーク情報を報じています。

はたしてiPhone 6と大きな差はあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

外観・サイズはiPhone 6と同じ

9to5Macによると、iPhone 6sのボディはiPhone 6のそれと厚み・幅がほとんど同じ。気付かない程度のごくわずかな違いはあるかもしれないとしています。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac)

Lightningコネクタやスピーカー・マイクの位置などはiPhone 6と変わらず、iPhone 6用のケースがそのまま使える可能性が高いようです。アンテナ用のラインも残っています。

ボディ内部には細かな違いがある

ボディの内側にはパーツを載せるためのネジ穴などがあります。9to5Macは、このパーツを載せる位置がiPhoen 6sとiPhone 6で異なると指摘。あわせて入手したパーツの情報と合わせると、今回のボディがiPhone 6s用である可能性が高いとしています。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac)

iFixitが公開しているiPhone 6の分解記事と比べてみると、一部のネジ穴の位置が異なることがわかります。

iPhone 6 Teardown – iFixit

デュアルレンズカメラは搭載せず?

カメラレンズ・マイク・LEDフラッシュが収まる部分はiPhone 6と同じような構造になっています。そのため、2つのレンズを使ったカメラは搭載されないだろうと9to5Macは推測しています。

iPhone 6で話題となった、カメラレンズの出っ張りがiPhone 6sで解消されるかは不透明だとも報じています。

9to5Macが独占で報じたニュースなだけに、今回公開されたボディがiPhone 6sのものである可能性は高そうです。9to5MacではiPhone 6s向けのパーツの情報なども公開していくとしており、目が離せませんね。

9to5Macの記事では、ほかにもさまざまな写真が公開されています。「参考」のリンクからぜひご覧ください。

参考

Revealed: iPhone 6S will look nearly identical outside, but expect numerous changes inside [Gallery] | 9to5Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!