『iPhone 6s』のフロントパネルが流出か。強化ガラスを引き続き採用?

これが次期iPhoneのフロントパネルなのでしょうか。

iPhone 6s


(画像:nowhereelse.fr)

今秋発売と噂の『iPhone 6s』用とされるフロントパネルの写真を入手した、とニュースサイト『nowhereelse.fr』が3枚の写真を公開しました。

フロントパネルとは、iPhoneの液晶ディスプレイを保護する部品。直接手に触れるうえに、iPhoneのデザインを大きく左右する重要なものです。

現在販売中のiPhone 6とどこが異なるのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

iPhone 6と酷似?

公開された写真を見る限り、iPhone 6と大きな違いは見られません。写真は、製造ラインと思わしき場所で撮影されています。

iPhone 6s


(画像:nowhereelse.fr)

iPhone 6sにはタッチの強さを検知できる『感圧タッチ(Force Touch)』技術が盛り込まれると言われています。この技術はApple WatchやMacBookで採用済みです。

フロントパネルにもなんらかの変化があるかと思われますが、nowhereelse.frによると感圧タッチ搭載の有無は確認できていないそうです。

ガラスの素材に変更なし?

iPhone 6発表前に話題となったサファイアガラスですが、iPhone 6sで採用される可能性は低いようです。iPhone 6でも採用はされませんでした。

nowhereelse.frは、サファイアガラス採用の可否を確認できなかったと記事で紹介。ニュースサイト『Mac Rumors』もサファイアガラスの採用は期待されておらず、化学強化ガラスが引き続き使われるだろうと推測しています。

今回の写真が本物であれば、これまでの噂通り、iPhone 6sの外観はiPhone 6とほとんど変わらないのかもしれません。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!