『iPad Pro』は年内発売? 解像度2,732×2,048pxで『iOS 9.1』搭載か

iPad Airよりも大きなiPadの発売が現実味を帯びてきました。

ipadAir2 - 01


12.9インチの液晶を搭載すると噂の『iPad Pro』にまつわるニュースが相次いで報じられています。

1つ目は金融会社のアナリストによる予測。2つ目はアプリ調査ツールのログにiPad Proらしきデータが見つかった、というものです。くわしく見ていきましょう。

大規模な生産は9月・10月に開始?

Apple製品に関する予測で注目されている『KGI証券』のMing-Chi Kuo氏によると、iPad Proの大規模な生産が始まるのは9月か10月です。

この予測が正しければ、9月の『iPhone 6s』発表イベントでiPad Proも発表されるかもしれませんが、発売は10月以降になるかもしれません。

なおKuo氏は、iPad Proはタッチの強さを検知する『Force Touch』に対応すると考えており、これと連携するタッチペンもAppleから発売されると予測しています。
【噂】12.9インチの『iPad Pro』向け純正タッチペンが登場?

分析ツールにiPad Proの記録?

アプリ向けの調査・分析ツールを提供する『AppSee』によると、記録のなかにiPad Proらしきデータが見つかったそうです。

デバイスの名前は「iPad6,8」で、ディスプレイの解像度は2,732×2,048px。iPad Air 2の解像度は2,048×1,536pxなので、それよりも解像度が高いディスプレイになります。

さらに、このデバイスに搭載されているiOSは『iOS 9.1』だったそうです。iPad Proに対応するために開発中と考えられているiOSです。
もう『iOS 9.1』を開発中? 大型液晶を載せた『iPad Pro』と同時リリースか

こうしたiPad Proと思わしき痕跡が外部に出るようになったことから、iPad Proの開発が最終段階になったのではないかとMac Rumorsは推測しています。

発売が現実的になってきたことから、つぎに気になるのは価格です。はたしてどれくらいになるのでしょうか。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!