iPadでPCソフトを操作するアプリが快適すぎる、難しい操作もタップで完了!

iPadがPCでの作業に欠かせないアイテムになります。

Actions for iPad


ソフトごとに異なるショートカットキーを覚えるのは大変ですよね。キーの組み合わせが複雑なものは覚えられる気がしません。

そんな問題を解決できるのが『Actions for iPad』です。PCと連携し、いま使っているソフトのショートカットボタンをiPadに表示。ボタンをタップすると、PCでその作業を実行します。

キーの組み合わせはもちろん、実行するアクションもカスタマイズできます。しかも、アプリは無料です!

Actions for iPadでできること

ソフトごとにショートカットボタンを用意しているので、iPadからPCのソフトを1タップで操作できます。

Actions for iPad


システムに関する機能も操作できます。たとえばSpotlightを呼び出したり、MacBookならディスプレイの明るさを調整したりできます。

Actions for iPad


PCで使うソフトを切り替えると、iPadでもそのソフト用にショートカットボタンが切り替わります。

たとえばChromeで【New Tab】ボタンをタップすれば、PCのChromeで新しいタブが追加されます。画像編集ソフトなど、細かな機能がたくさんあるソフトとの組み合わせがオススメです。

Actions for iPad


ボタンの位置や、ボタンに割り当てる機能はカスタマイズできます。ブックマーク代わりによく見るウェブサイトを開くボタンをつくることや・・・

Actions for iPad


ウィンドウの大きさや状態を操作できるボタンもつくれます。

Actions for iPad


実際の様子は開発元の動画をご覧ください。

Actions for iPadの初期設定

このアプリはPCにインストールしたサーバソフトと連携します。そのため、まずはサーバソフトをインストールしましょう。

公式サイトからダウンロードし、PCにインストールしましょう。

Actions – Play your workflow

Actions for iPad


インストールしたソフトを起動しておきます。Macの場合はメニューバー、Windowsの場合はタスクバーに稲妻マークが表示されます。

iPadに戻り、PCと同じネットワーク(LAN)に接続します。このアプリはWi-Fiを経由してPCと連携するためです。

つぎにActions for iPadを開き、下の【I’ve already downloaded】を選びます。

Work-App-Actions-for-iPad-7


操作したいPCの種類を選びましょう。

Actions for iPad


画面左上をタップします。するとPCマークのボタンが現れるので、これをタップ。

Actions for iPad


リストから操作したいPCを選びます。これでiPadとPCが連携します。

Actions for iPad


最初は設定に手間取りますが、2回目からはアプリを開くだけでPCと連携できます。

自分だけのショートカットボタンを手元に置いて、作業の効率をアップしてみませんか。ぜひお試しください!

Actions for iPad ・販売元: Actions s.r.l.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 30.0 MB
・バージョン: 1.2.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!