『iPad Pro』は高精度なタッチパネルを搭載? 部品は9月から出荷か

組み立てに必要なパーツの出荷が始まるようです。

ipadAir2 - 01


『iPad Pro』向けのパーツは9月から出荷が始まる、とウェブサイト『AppleInsider』が報じています。

iPad ProはiPad Air 2よりも大きく、ノートPC並みの12.9インチ液晶を搭載すると噂になっています。

この噂が正しければ10月に発表、年内には発売となるかもしれません。

高精度の新型タッチパネルを搭載?

AppleInsiderによると、iPad Proは「glass-film-film」と呼ばれる形式のタッチパネルを採用。iPad AirやiPad miniの「glass-film」形式に比べると、タッチを認識する精度が高いとしています。

これに加えて、タッチの強さを検知できる感圧タッチ(Force Touch)にも対応するのでしょうか。この技術はすでにApple WatchやMacBookに搭載されており、9月発表と噂の『iPhone 6s』も対応するものとみられています。

発表は10月?

注目の発表時期について、AppleInsiderは10月と予想しています。この予想が正しければ、9月9日のイベントでは発表されないでしょう。

9月9日のイベントではiPhone 6sのほか、新型iPad・Apple TVが発表されると噂されています。
『iPhone 6s』発表は9月9日か。新型iPad・Apple TVも登場?

参考

'iPad Pro' parts shipments starting in Sept. with new display tech & suppliers – report – AppleInsider

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!