『Google Maps』ナビ機能が圏外で利用可能に、日本への対応はいつ?

圏外でも『Google Maps』でナビ機能が使えるようになりますが、残念ながら日本では利用できない可能性が高そうです。

Google Maps


(© Google Inc. 以下同じ)

今後のアップデートでナビゲーション機能に使うデータのほか、場所検索・店舗の営業時間などのデータもまとめてダウンロードできるようになります。

Google Mapsでは、すでに海外の一部エリアの地図データをダウンロードできるようになっていますが、ナビ機能への対応は初めてです。

日本では地図をダウンロードできず

アメリカの首都であるワシントンD.C.では地図をダウンロードできます(左)が、日本の首都である東京ではダウンロードできません(右)。

Google Maps
Google Maps


今回の発表で対応エリアは明かされていませんが、地図がダウンロードできない地域ではナビ機能向けデータもダウンロードはできないと考えられます。

データ通信量の削減にも大いに役立つと思われるだけに、日本でも利用できるようになることを期待したいですね。

巨大化するGoogle Mapsをスリムにする方法

Google Mapsを使い続けると、キャッシュと呼ばれるデータが溜まって巨大化します。空き容量が足りないときはメンテナンスしてみましょう。
Google マップのデータを削除してiPhoneの空き容量を増やす方法

参考

Google Lat Long: Navigate and search the real world … online or off

Google Maps ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 36.1 MB
・バージョン: 4.12.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!