会議などの音声データをmicroSDへ移動して再生する方法 [レビュー]

photo_sdmusic_xx11 - 1


iPhoneに直接差し込むだけで写真や動画データをmicroSDカードに移動できる『Leef iACCESS』。

写真データの他にも、容量を圧迫するのが音声データです。仕事で一時的にしか使わないような、フリー音声素材や会議の録音データなどをiPhoneに保存したままという方もいるのではないでしょうか?

音声データの移行はPCからmicroSDへドラッグ&ドロップするだけで

会議の音声データなど、一時的に使用するのみで長期的にiPhoneに保存しておく必要のないデータはmicroSDに入れてしまいましょう!

photo_sdmusic_xx - 1


音声データをmicroSDに書き込むためにはPCに接続する必要があります。少々手間はかかりますがデータの移行によりiPhoneの容量を圧迫しないのはメリットですよね。

ということで、microSDをSDカードサイズに変更できるアダプターを介して接続してみました。

photo_sdmusic - 3


音声データを取り込む方法は非常に簡単。音楽データを直接microSDカードへドラッグ&ドロップするだけでOKです。

photo_sdmusic_xx1 - 1


音楽データを入れたmicroSDカードをiACCESSに入れて、iPhoneに挿せばOK。

iACCESS - 4


microSDに音声を保存しておけば、共有が便利に!

microSDに音声データを保存できたら、今度は再生をしてみましょう。

iPhoneにiACCESSを挿入すると、自動的に「MobileMemory」というアプリが開きます。

そして「コンテンツビューア」から「音楽」をタップ

photo_sdmusic - 7
photo_sdmusic - 6



(© 2015 Leef LTD.以下、同じ)

iACCESSミュージック」という画面に、PCから移行した音声データが表示されます。

データを手渡されたらすぐに聴けるので、手際よく議事録作成などが進められますよ。

photo_sdmusic_xx12 - 1
photo_sdmusic_xx12 - 2


iACCESSから直接音楽を再生をするので、iPhoneから再生されるまでにタイムラグがあるかな?と思いましたが、まったく遅延なくスムーズに聴くことができました

会議の音声を聴くときだけiACCESSを挿入する。そうすれば、iPhoneが音声データだけで容量がいっぱい…なんてことが防げますよ。

年末は写真や動画を沢山とる機会がありますので、iPhoneの容量には余裕を持っておきたいですね!

▼Leef iACCESSをチェック▼

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

家をITで便利に

Botvac D 8500 - 1 (2)

スマートロックロボット「Akerun」
スマホが家のカギになり、メール・LINEでカギも送れる未来。

Botvac D 8500 - 2 (1)

簡単ホームセキュリティ「Secual」 ひとり暮らし向けAppbankストア特別セット
手軽に始められるホームセキュリティ。賃貸でもいけます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!