iPhone SEと6s、どっちが壊れやすい?

iPhone SE


スマートフォンなどの保証サービスを提供する『SquareTrade』が、『iPhone SE』・『iPhone 6s』・『iPhone 6s Plus』の「壊れやすさ」を比較しました。

テスト結果

SquareTrade社のブログによると、iPhoneの壊れやすさを7つの項目で評価し、点数は10点満点。点数が高いほど壊してしまう可能性が高いことを示しています。

iPhone SE iPhone 6s iPhone 6s Plus
本体の持ちにくさ 3 5 7
本体の重量 3 5 8
浸水テスト 10 6 10
角から落下した際の破損度 9 3 4
画面から落下した際の破損度 7 7 7
折れ曲りやすさ 4 3 2
回転テスト 2 1 8
壊れやすさ 5.5 4 6.5

もっとも壊れやすいと評価されたのはiPhone 6s Plusでした。やはり本体が大きいこと、ほかよりも本体が重いことが影響していると考えられます。

iPhone SEは2位ですが、浸水テスト・角から落下した際の破損度・折れ曲りやすさは他よりも点数が高く、使い方次第ではiPhone 6s Plusよりも壊してしまう可能性が高そうです。

iPhone 6sは3位で、この3モデルの中でもっとも壊れにくいiPhoneとなりました。

要因はiPhone SEの構造か

iPhone SEの浸水テスト・角から落下した際の破損度・折れ曲りやすさの点数が高い理由は、iPhone SEの構造にありそうです。

浸水しやすい?

ウェブサイト『iFixit』が公開したiPhone SEの分解レポートによれば、浸水を防ぐシーリングが各所に施されているものの、iPhone 6sと比べれば不完全とされていました。
【iPhone SE】バッテリー容量がiFixitの分解で判明

角張ったデザイン

iPhone SEのデザインは、iPhone 6sに比べて角張った形になっています。そのため、角から落下させた際に衝撃を分散しづらく、破損しやすいのかもしれません。

iPhone SE


ボディの素材が違う?

iPhone 6sのボディには、iPhone 6以前のものよりも強度が高いとされる、7000シリーズのアルミニウムが使われています。

一方でiPhone SEのボディに使われているアルミニウムは不明で、おそらくiPhone 6以前のものと同じでしょう。そのためにiPhone 6s/6s Plusよりも折れ曲りやすいのかもしれません。

参考

SquareTrade Blog iPhone Sibling Rivalry Showdown: iPhone SE vs. iPhone 6s & iPhone 6s Plus

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!