「ディスプレイとバッテリーが修理しやすい」iFixitの『iPhone XS/XS Max』分解レポート


アメリカの修理業者『iFixit』が、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を分解したレポートを発表しました。

『iFixit』は『iPhone XS/XS Max』の防水・防塵性能が「IP68」になったことから、「Appleが大量の接着剤を使って修理を難しくしているのではないか」と不安視していましたが、分解してみるとそんなこともなく。

有機ELディスプレイはFace ID用パーツを外すことなく交換でき、さらにバッテリーも交換しやすいように配置されていたとのこと。

ただし、分解にはApple独自の専用ドライバーが必要なため、修理しやすさを表す点数は「10点中6点」と真ん中くらい。

また、点数があまり高くない理由として「ケーブルが複数のパーツに分け目なくつながっていること」、「背面ガラスが割れた場合、すべてのパーツを取り外して筐体全体を交換しないといけないこと」も挙げられていました。

じつはカメラ性能が進化していた!

この分解レポートで「おやっ」と思ったのは、カメラのイメージセンサーが32%大きくなっているという指摘です。


『iPhone XS/XS Max』発表時、カメラに関してはニューラルエンジンやスマートHDRなどのソフトウェア面の進化しかないようでしたが、じつはイメージセンサーが大きくなっていました。

イメージセンサーが大きくなると光を多く集められるため、より高画質な写真が撮れるようになります。

「『iPhone XS/XS Max』は『iPhone X』と比べて暗い場所での撮影に強い」と言われているのは、このイメージセンサーが大きくなったことも理由のひとつだと思います。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

画像は「iFixit」より引用。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!