【LINE】トーク履歴のバックアップをテキスト保存する方法

LINE』のトーク履歴をテキストでバックアップする方法を紹介します。

トーク履歴のバックアップをテキスト保存する方法


『LINE』のトーク履歴のバックアップを取っている人は多いと思いますが、友だちごとのトーク履歴をテキストで保存することができます。

この記事ではその方法を画像付きで詳しく紹介します。

メニューからトーク履歴のテキスト保存ができる

まずは保存したい友だちとのトーク画面を開き、右上のメニューボタンをタップします。
テストのため今回は【LINEウォレット】とのトーク画面で実施します。


メニューから【その他】をタップします。


【トーク履歴を送信】をタップします。


すると、テキストファイルの送信画面になるため、メールなりメッセージなりほかのアプリに送信するなり、さまざまな手段でテキストファイルの保存ができます。


今回は『iPhone』のメモアプリに保存します。


トーク履歴はテキストのため写真やスタンプは表示されない

メモアプリに保存したトーク履歴をチェックしてみます。


画像のように、すべてテキストファイルで保存されています。
テキスト上の会話を読む分にはまったく問題ありません。


ただし、写真やスタンプは[写真]、[スタンプ]と表示されるだけです。


このため写真やスタンプ込みで保存したい場合は、スクリーンショットでの保存がおすすめです。

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 268.3 MB
・バージョン: 10.8.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© LINE Corporation

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!