【ポケモンGO】ネギガナイトを求めて戦ったトレーナーの悲しき物語。無謀と分かっていても挑まなければならない時だってあるのさ…

ポケモンGO(Pokémon GO)』に新たに実装された「ガラルのすがた」のカモネギをどうにか進化できないかと頑張ってみました。

「なんでやねん!」と声がでた6月17日のポケモン新作発表会後の“ポケ活”タイム


6月17日に行われたポケモン新作発表会では、ワクワクする情報がてんこ盛り(詳しくは別記事にてまとめています!この文字リンクから飛べます!)で、おそらく殆どのトレーナーさんが「うおおおお!」と興奮していた事と思います。

その直後の『ポケモンGO』にサプライズ出現したガラルカモネギをみて「うおおおおおおおおお!」と、さらに興奮したということは想像に難くありません。

筆者もそうやって興奮したトレーナーの一人だったのですが、ガラルカモネギを数匹ゲットした頃に気がついてしまったのです。

「あれ。これネギガナイトに進化しないの……?ドウシテドウシテ……」と。

ネギガナイトというのは、ガラルカモネギの進化先のことで、きりりとした顔つきに、シャキッとしたネギを携えているのが特徴のポケモン。

正直、ガラルカモネギを見た時点で「あとでネギガナイトに進化させて即使おう」くらいに心が勝手に思っていたので、まさかの進化非対応には面食らいました。

▼絶望の画面。


しかし、ここで諦めないのがゲーマーの性。近頃すっかり聞かなくなった“裏技”というワードが頭の中によぎります。

何か条件を満たせばネギガナイトになるのではないか?」と、自分でもよくわからない思い込み(進化しないと信じたくなかっただけ)に突き動かされ、一つ検証をしてみました。

ガラルカモネギをネギガナイトに進化させるには、原作だと“1バトル中に3回急所に攻撃を当てる”という条件を満たす必要がありました。

急所ということは『ポケモンGO』でいうところの弱点かな?(拡大解釈)

となればやることは一つ…


取り敢えず実戦に耐えられるように強化だ(スーパーリーグでも使ってみようという魂胆が見え見えである)!


取り敢えずタイプ一致のいわくだきも覚えさせた!


名前もネギガナイトに変更だ!


ふっ完璧だぜ。あとはひたすら弱点を突ける相手を殴るのみ!


(紙耐久…)


強化したガラルカモネギが轟沈! 2番手のガラルカモネギも瞬殺されそう!


ああああああああ!!!!


ふ、ふぅ。余裕だったぜ。


(死屍累々の図)


いわくだきよりもれんぞくぎりの方が総ダメージ量を伸ばせそうだったので、さらに技を変更。ここまで来たらもう引けません。


あああああああああ!!!


チーン。


削れ!削れ!削れ!削れ!うおおおおおお!


ついにネギガナイト(ガラルカモネギ)でドサイドンを葬り去りました。かわらわりもあてまくりだったので、これなら進化するに違いない。


▼ここまでHPを削られていました。危なかったぜ。


よし、これでついにネギガナイトに進化できるはず!

ワクワク!

ワクワク……。

あっ。


ネギガナイトさんへ。

早く『ポケモンGO』の世界に遊びに来てください(涙)。

この記事も見られてます

メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!