Apple、『iPhone』で新しく使える絵文字を発表! 忍者やマトリョーシカ人形が登場

Appleが新しく使えるようになる絵文字の一部を発表しました。

2020年内に新しく登場する絵文字


Appleは、「World Emoji Day」にあわせて2020年内にiOSで使えるようになる予定の新しい絵文字を『Emojipedia』で発表しました。

発表された新絵文字はドードー、マトリョーシカ人形、ピニャータ(メキシコのお祝いで使う飾り)、タマレ(メキシコ料理)など13種類。

日本からは忍者が参戦しています。忍者なんで?

なお、ベースとなっている「Emoji 13.0」では全部で117種類の絵文字が用意されているため、今回発表されたもの以外にもさまざまな絵文字が使えるようになると思われます。

※画像は「Emojipedia」より

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!