エコ&節約意識を高める! 家電の使用状況がわかるWi-Fi対応電力計

この時期、暑いからとつけたエアコンや扇風機をそのままにして外出してしまったことに帰ってから気づいて後悔したり、消したかどうか確信が持てなくて外出先で不安になってしまったことはありませんか?

そこでオススメがなのがこの「ワットチェッカー」です。これを使えば外出先からでも家電のオン・オフが可能なだけでなく、その家電の消費電力量やどのくらいの電気料金がかかっているのかををスマホから見ることができます。


測定したデータをスマホで確認

ワットチェッカーの記録した、接続している家電の1秒単位の消費電力量はスマホのアプリから確認することができます。また、起動してからの消費時間等から電気料金を算出することができるので家電1つごとの電気料金を調べることが可能です。

電気料金が見える化すると、途端に電源をオフにしたくなる…。目で見ることで節約意識も高まります!

測定したデータをスマホで確認


外出先からでも簡単に家電の電源をオフに

スマホアプリで外出先からでも家電の電源がオンになっているかどうかを確認でき、アプリから簡単に家電の電源を切ることができます。


>


1台で複数機器の消費電力を測定

お手持ちのスイッチ付きタップを使用していただき、計測したい家電以外の電源を切っていただくことで、ワットチェッカー本体を何度も抜き差しすることなく複数の機器の消費電力を測定できます。

1台で複数機器の消費電力を測定


CSVファイルでのデータ出力が可能

消費電力量をエクセルなどで使用できるCSV形式で保存することができます。お手持ちのソフトで簡単に前月との消費電力の違いを比較したり、何日の何時に使いすぎたのかということまで調べたりすることが可能です。

CSVファイルでのデータ出力が可能


環境とお財布にも優しい

SDGsやレジ袋の有料化など、近年はエコ意識が高まっていますが、このワットチェッカーを使って家電ごとの電力消費量を調べ、消費電力の削減に務めることは電気代を抑えるためだけでなく環境問題への取り組みの第一歩にもなります。

「ワットチェッカー」、気になった方はぜひチェックしてみてください!

ワットチェッカーの詳細はこちら→ワットチェッカー

(文 :スギモン)
(編集:momozow)

画像はratocsystemsより

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!