【5G搭載】vivo iQOO 5、iQOO 5 Pro発表。BMWとコラボ【最高のデザインとスペック】

中国大手スマホメーカーvivoから、新機種としてiQOO 5、iQOO 5 Proが発表されました。どちらもSocにSnapdragon 865を搭載しており、iQOO 5 ProはBMWコラボデザインとなっているのが特徴です。



iQOO 5とiQOO 5 Proのスペック


今回発表された二機種の主なスペックは以下の通り。

vivo iQOO 5

  • Soc : Snapdragon 865
  • OS : Android 10
  • メモリ(RAM+ROM) : 8/12GB(LPDDR5)+128/256GB(UFS 3.1)
  • リアカメラ解像度 : 50MP(メイン)+13MP(広角)+13MP(ポートレート)
  • インカメラ解像度 : 16MP
  • ディスプレイ : 6.56インチ AMOLED(120Hz駆動、2376×1080)
  • 重量 : 197g
  • バッテリー : 4500mAh(55W急速充電)

vivo iQOO 5 Pro

  • Soc : Snapdragon 865
  • OS : Android 10
  • メモリ(RAM+ROM) : 8/12GB(LPDDR5)+256GB(UFS 3.1)
  • リアカメラ解像度 : 50MP(メイン)+13MP(広角)+8MP(望遠)
  • インカメラ解像度 : 16MP
  • ディスプレイ : 6.56インチ AMOLED(120Hz駆動、2376×1080)
  • 重量 : 196.7g/198g
  • バッテリー : 4000mAh(120W急速充電)

iQOO 5とiQOO 5 Proの主な違いは、カメラと充電速度です。iQOO 5 Proは60倍スーパーズームを備えており、充電速度も世界最高タイの120Wに対応しています。

また、デザインも異なります。iQOO 5 Proは二種類のBMWコラボデザインを備えています。

トラックバージョンは青のエッジにカーボンのような背面で、よりスポーティなカッコよさを感じさせるデザインです。

一方レジェンダリーバージョンは、白いレザーに三色のラインがアクセントになっています。カバーをつける気にならないような、ゴージャスな仕様ですね。

価格は約6万円から!ゲーム用コントローラーも販売

価格はiQOO 5が3998元(約6万円)、iQOO 5 Proが4998元(約7.5万円)からとなっています。

5Gフラッグシップとしてはリーズナブルですが、筆者の印象としては特別安いという感じはしません。純粋なスペックだけを見れば、先日発表された最強スペックのMi 10 Ultraのほうがお得感があります。

が、コラボモデルということを考えれば話は別。それも高級車ブランドとして名高いBMWです。あのBMWですよ?流石に7.5万円は安すぎませんか、vivoさん。

日本からの入手は若干難しいですが、BMWファンの方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。車載のシガーソケット専用充電機も発売されていたので、そちらもセットでぜひ。

ちなみに余談ですが、前モデルiQOO 3 5Gで好評だった側面のゲーム用LRボタンは搭載していないようです。

その代わりのつもりなのか、vivoはiQOO 5シリーズの発表と共に専用ゲームコントローラーも発表しています。スマホゲーマーとしては心が揺れるオプションですね。

画像はWeibovivo公式サイトより

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!