【5G対応】シャープが新スマホ「AQUOS zero 5G basic」「sense 5G」など4機種を発表【4Gスマホも】

シャープは9月11日、「AQUOS zero 5G basic」「AQUOS sense 5G」「AQUOS sense 4」「AQUOS sense 4 plus」の新4機種を発表しました。

価格などはまだ明かされておらず、発売は今年秋以降と見込まれています。



5G対応ミドルレンジ2機種と4Gミドルレンジ2機種を展開


シャープが今回発表した5G対応スマホ2機種、4G対応スマホ2機種は全てミドルレンジのスペックとなっています。

ミドルレンジといっても、普段使いでは全く問題なくサクサク使うことが出来ます。重たいゲームも設定次第で十分動くでしょう。

新5G機種「AQUOS zero5G basic」「AQUOS sense 5G」


右がzero 5G basic、左がsense5G

AQUOS zero5G basicはSocにSnapdragon 765Gを備えたミドルレンジスマホです。ディスプレイは6.4インチの有機EL(AMOLED)を採用。バッテリーは4050mAhと大きめのものを搭載しています。

リフレッシュレートは120Hzと非常に高く、「ハイレスポンスモード」ではフレームに黒い画像を挟むことによって疑似的に240Hzを実現するのが大きな特徴です。

AQUOS sense 5GはSocにSnapdragon 690 5Gを搭載しています。600番台の5G対応Soc搭載機はまだ珍しいですが、性能的には十分といわれています。

ディスプレイには5.8インチのIGZO液晶ディスプレイを採用。省電力性が優れており、シャープによれば4570mAhの搭載バッテリーが約一週間持つとのことです。

新4G機種「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 Plus」


右がsense4、左がsense4 Plus

AQUOS sense4とsense4 Plusは両機種ともSocにはSnapdragon 720Gを搭載。AQUOS sense4はsense5GとSoc以外はほぼ同じ仕様です。

sense4 Plusは90Hzリフレッシュレートに対応した大型の6.7インチディスプレイを搭載しています。バッテリー容量も4120mAhと大きめになっています。

価格、発売日などは未発表!


4機種の発売は今秋以降とされており、詳細な日時は不明です。

価格は不明ですが、スペックを見る限りではAQUOS zero 5G basicが最も高価格になり、sense4が最も安価なスマホとなるでしょう。

また、前モデルsense4の前モデルsense3は非常に安価で評判が良かったため、今回の価格も気になるところ。sense5Gも5Gスマホとしてはかなり安価な選択肢となりそうです。

個人的にはAQUOS zero 5G basicの「ハイレスポンスモード」の使用感が気になっています。なんにせよ、正式な発売発表が楽しみですね!

画像はAQUOS公式サイトより

この記事のカテゴリー:テクノロジー

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!