【通常版との違いは?】auからシャープ「AQUOS zero 5G basic DX」が9月19日に発売

auからシャープ製5Gスマホ「AQUOS zero 5G basic DX」の発売が発表されました。発売は9月19日からとなっており、価格などは未発表です。

AQUOS zero 5G basic DXのスペック、通常版との比較

AQUOS zero 5G basic DXの主なスペック

  • Soc:Snapdragon 765G
  • OS:Android 10
  • メモリ(RAM+ROM):8GB+128GB
  • ディスプレイ:6.4インチAMOLEDディスプレイ(120Hz駆動、1080×2340px)
  • リアカメラ解像度:48MP(メイン)+13.1MP(広角)+8MP(望遠)
  • インカメラ解像度:16.3MP
  • バッテリー:4050mAh
  • 重量:約182g

AQUOS zero 5G basic DXはSocにSnapdragon 765Gを搭載したミドルレンジスマホです。ほとんどのアプリはサクサク動き、重量級のゲームアプリなども設定次第で十分遊べる性能となっています。

バッテリー容量は4050mAhと大きくなりましたが、その分重量も約182gと、軽さを売りにしたzeroシリーズとしてはかなり重くなっています。

名称に「DX」とありますが、メモリが最大のオプションを採用しているためそう命名したようです。DX版と通常版のスペックの違いはありません。

カラーはブラック、ホワイトの2色展開となっており、シルバーはないようです。他にも通常版と同じく、FeliCaや防水にもしっかり対応しています。

AQUOS zero 5G basic DXの驚きの疑似240hzリフレッシュレート

AQUOS zero 5G basic DXのもっとも特徴的な機能として、疑似的な240Hzリフレッシュレートに対応していることが挙げられます。

この機能はフレームレートの数を増やした上、さらに黒い画面を挟むことによって実現しています。ただしこの機能はハイレスポンスモードオンの時のみ作動します。

iPhoneなど、一般的な60Hzのスマホと比べるとその画面の滑らかさの違いは一目瞭然!一度その滑らかさを味わうと、やみつきになります。

高リフレッシュレートを味わいたい人にオススメ!

AQUOS zero 5G basic DXは手軽に高リフレッシュレートを味わいたい人にオススメのスマホです。価格はまだ未発表ですが、スペックを見る限り、先日発表された「Mi 10 Lite 5G」よりは高くなりそうです。

発売は9月19日から!店頭にも並ぶと思うので、ぜひ触ってみて下さい。240Hzリフレッシュレートの画面の滑らかさにきっと驚きますよ!

<関連記事>
【4万円台前半の5Gスマホ】Xiaomi Mi 10 Liteがauからまもなく発売【スペックや価格など】

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!