【実機レビュー】YASHICAを語り継ぐ、クラシックフィルムカメラ「MF-2 SUPER」が心地良い!

デジタルカメラが発展し、スマートフォンでも高画質な写真が撮れるようになった今日この頃。フィルムカメラを触ったことがなかったり、現像って何?となったりする人も少なくないのではないでしょうか。「写ルンです」など今でも人気がありますが、本格的なフィルムカメラも試してみませんか?
今回紹介するのは、YASHICAを語り継ぐ、クラシックフィルムカメラ「MF-2 SUPER」です。実機もお借りできたのでじっくり試していきたいと思います!

「YASHICA MF-2 SUPER」

「YASHICA MF-2 SUPER」


「MF-2 SUPER」とは、往年のカメラブランドYASHICAの復刻モデル。
YASHICA製38mmレンズ(F3.8)を搭載し、昔ながらの一作動レバー巻上げ式フィルム巻き上げ、35mmロールフィルム(DXマーク付推奨)といった、クラシカルなフィルムカメラとなっています。
本体の外装は主にプラスチック製で約210gと軽量な仕上がり。持ち歩きが苦にならないので、どこにだって持ち出すことができそうです。

本製品は、現在日本では正規販売されていないのですが、日本での正規輸入販売代理店が、日本語の取扱説明書や充実のサポートを揃えてMakuakeに登場しました。
数と期間に限りがあるので、お早めに申し込みしてくださいね。

簡単

フィルムカメラですから、まずはフィルムのセットから。端っこを引っ掛けて、空打ちをします。いやぁ、懐かしのフィルムカメラを感じました……
撮影方法は、ファインダーを覗いてシャッターを押す。一回シャッターを切るごとに右上にあるレバーを引いてフィルムを巻き上げます。

簡単


デジタルカメラにはない一手間が心地良いです。ボルトアクションを使う気持ちってこんな感じなんですかね……(??)

特製のアイテムも


ネックストラップ

カメラ本体にストラップも付属します。合皮素材でしっかりとしていて、長さもあるので持ち運びにする際も安心です。

多彩なフィルム

YASHICAオリジナルの35mmネガフィルムも新たに開発されました。
3種類のバリエーションがあり、それぞれ特徴が違うのでお好みの写真をとることが可能です。(ISO400、24枚撮り)

YASHICA 400
スタンダードなカラーフィルム。
ポートレイト等に適していて、周りは少し温かみがあり、肌色とのバランスが良くスタイリッシュな撮影が可能。
※今回はこのフィルムがセットに付きます!

YASHICA Golden 80s
強い彩度とコントラストのカラーフィルム。
ストリートスナップや屋外での撮影に適していて、フィルムのグレインは雰囲気のある絵作りが可能。

YASHICA Black & White
ハイコントラストのモノクロフィルム。
ストリートスナップにおいて影のディテールやハイライトをキャプチャするのに最適。

作例

最後に、フィルム1本分の作例を撮って来たので一部ご紹介します!

作例



▼フィルム独特の淡い雰囲気が出ていますね。


▼抜けるような青の発色がとても好みでした!


▼コントラストの強い写真もしっかり残すことができそうです。


まとめ

今回は、YASHICAを語り継ぐ、クラシックフィルムカメラ「MF-2 SUPER」を使ってみました。フィルムの良さを汲んだ往年のYASHICAカメラ、レトロ感を追求し美しく神秘的な一枚を残すことができる製品となっています!
また、「MF-2 SUPER」は現在Makuakeにて先行予約販売を受付中です。期間は2020年10月22日までで、割引価格でのセットもあるので気になった方は是非お早めにチェックしてみてくださいね。

「YASHICA MF-2 SUPER」の詳細はこちら→ Makuake

フィルムカメラ、始めようかなぁ……

(文:一之瀬しの。)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!