iPhone 12 Proのスクラッチ耐性は変わらず?でも耐熱性はバッチリ【耐久テスト動画が公開】

チャンネル登録者数600万人を超えるスマホ耐久テスト系YouTuber「JerryRigEverything」が、新型iPhone 12 Proの耐久テストを公開しました。

iPhone 12 Proのディスプレイの耐性テスト



まずはスクラッチ耐性(画面の傷つきにくさ)のテスト。iPhone 12シリーズは新素材「セラミックシールド」を採用しており、耐久性が向上したと言われています。

テストはモース硬度を基準に実施されます。「1~10」の段階で表され、10は最硬のダイヤモンドが基準になります。一般的なスマートフォンの耐久性は「6~7」です。

結果はこの通り。落下耐性が向上したセラミックシールドですが、傷つきにくさは従来と変わらないようです。

次にライターの火を30秒間当てる耐熱テストです。他のスマートフォンではディスプレイが変色する場合が多いのですが、iPhone 12は変化せず。セラミックシールドの耐熱性は優れているようですね。

iPhone 12 Proの側面・背面の耐久性は?



側面はやはり傷つきやすいようです。テストではカッターを使っていますが、コインなどでも小さな傷がつきそうです。傷つけたくければケースは必須ですね。

背面はすりガラスが採用されています。コインでも傷のような跡がつきますが、、、

指でこすればこの通り。コインのほうが削れ、その跡がついていただけのようです。

力いっぱい曲げるベンドテストはもちろん合格



iPad ProやiPhone 6sなどで問題になっていたベンド耐性ですが、iPhone 12 Proはもちろん合格。四角い頑丈そうなボディは伊達じゃありません。

実際の耐久テストの動画はこちら!動画は英語ですが、耐久性を知りたい方は参考にどうぞ。

<関連記事>
iPad Proの耐久性テストの動画が公開。フィルム、ケースは必要?【結論:Magic Keyboardをつけよう】

画像はYouTubeより

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!