【実機レビュー】天井が大スクリーンに変身? ! 『Anker』から発売されたりんごサイズのモバイルプロジェクター「Nebula Astro」使ってみた

映画館の大スクリーン&大音量で見る映画って良いですよね。しかしコロナの状況を考えると、行きたくてもまだ少し抵抗感が。。。子供がいる場合は特にそうです。そこで今回は、自宅でも大スクリーンで映像が楽しめる小型モバイルプロジェクター「Nebuka Astro(ネビュラ・アストロ)」をご紹介します。

りんごサイズの小型モバイルプロジェクター


「Nebula Astro」は”子供と一緒に楽しむ”をコンセプトに開発されたモバイルプロジェクターです。その小ささからどこにでも持ち運べ、家の中だけでなくキャンプなどのアウトドアでも活躍すること間違いなし。

開封の儀

内容物は本体、リモコン(単4電池×2)、USB充電器、USB-A to Cケーブル説明書です。


宇宙をイメージさせるアストロという名にふさわしく、本体は惑星の様な球体フォルムをしています。丸みを帯びたフォルムは可愛くて、個人的にはいい意味でプロジェクター感がなく好印象です。


気になるその大きさはりんごとほぼ同サイズ。これだけ小さければ家の中はもちろん、屋外に持ち運ぶのも荷物にならなくて便利です。


正面やや左にはフォーカスを合わせる小さな歯車が付いています。ピントをしっかり合わせればくっきりとした映像が視聴可能です。


上面には電源を含めた4つのボタンがあり、電源、音量の大・小、そしてスピーカーモードとの切り替えボタンがあります。


万が一の時にも安心!子供が光源に近づき過ぎた場合、自動的に投影を一時中断するアイガード機能を搭載。また、ペアレンタルコントロール機能によって子供が使用できる時間やアプリを設定することも可能。子供が安心して使える仕様になっています。

天井が帯スクリーンに!

小さくてか弱い外見をしていますがその性能は意外にもパワフル。解像度は854×480画素、輝度は100ANSIルーメンと少し控えめではあるものの、最大100インチの映像投影することができて、音量も小さくて聞こえにくいということはありません。Android7.1を搭載しているので、これ1台でYoutubeやNetflixを視聴でき、連続約2.5時間稼働します。


「Nebula Astro」の良いところは全体的に手に収まる丸っこい容姿をしていますが、よくよく見ると側面は平らになっているんです。これにより本体を天井に向けるだけで天井が大スクリーンに早変わり。いつもよりも大スクリーンで迫力のある映像体験ができます。


天井めっちゃ良いですね!普段スマホで動画を見るのとは迫力が全然違います。寝る前の新たなルーティーンになりそう。


自宅で過ごす事多くなっている今日この頃、お家時間をより快適にする商品です。子供と一緒に自宅でホームシアターをやってみてはいかがでしょうか。気になる方はチェックしてみて下さい。

「Nwbula Astro」の詳細はこちら

Anker公式
Amazon
楽天市場

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!