サムスンから『Galaxy S21/S21+/S21 Ultra』が発表。5G対応・Snapdragon 888搭載で約8.3万円~

韓国サムスンから5Gフラッグシップスマホ「Galaxy S21」シリーズが発表されました。

Galaxy S21/S21+/S21 Ultraの主なスペック



  • 最新5nmプロセスチップセット「Snapdragon 888」搭載
  • 最大30倍(S21 Ultraは100倍)ズームにも対応した高性能なカメラ搭載
  • 最大120Hzリフレッシュレート対応の超美麗有機ELディスプレイを搭載


Galaxy S21シリーズは米クアルコムの最新チップセット、Snapdragon 888を搭載したフラッグシップスマートフォンです。現状では世界最高レベルの性能を誇り、重いゲームもサクサク動くでしょう。

S21シリーズは全部で3種。最安モデルがS21、上位モデルがS21+、最上位モデルがS21 Ultraで、それぞれカメラやサイズ、ディスプレイなどのスペックが違います。

カメラはS21/S21+がトリプル構成、S21 Ultraのみクアッド構成になっています。S21 Ultraのみ、1億800万画素の超高解像度カメラを採用しているのも特徴です。

なお、構成は共通で超広角+広角+望遠のカメラ構成。S21 Ultraのみ望遠レンズが2つとなっています。

ディスプレイは120Hzリフレッシュレートの有機ELを搭載。S21が6.2インチ(FHD+)、S21+が6.7インチ(FHD+)、S21 Ultraが6.8インチ(QHD)とサイズが異なります。

最上位モデルのS21 UltraのみSペンに対応で、Galaxy Note20 Ultraのような使い方が出来ます。

バッテリーは順に4000mAh/4800mAh/5000mAh。充電速度は最大25Wと若干遅めです。ワイヤレス充電(15W)にも対応しています。防水規格は全てIP68。

価格は799ドル(約8.3万円)から。最上位モデルは12万円越え

価格は以下の通り。

  • Galaxy S21:799ドル(約8.3万円)~
  • Galaxy S21+:999ドル(約10.4万円)~
  • Galaxy S21 Ultra:1,199ドル(約12.4万円)~

最上位モデルは12万円越えと非常に高額ですが、それに見合うような高スペックとなっています。

日本発売は未定ですが、おそらく2021年春ごろには発売されるでしょう。スマホに究極のスペックを求める方にオススメのS21シリーズ、ぜひチェックしてみて下さいね!

画像はGalaxy

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!