【ポケモンGO】カントーツアー赤緑の違い解説。どっち選ぶべき? ミュウツーにチケット必要?

2021年2月20日(土)に『ポケモンGO(Pokémon GO)』にて実施されるイベント「Pokémon GO Tour:カントー地方」における「赤」と「緑」の違いを解説!

何が違う? どちらを選ぶべき?


2021年2月20日(土)、『ポケモンGO』においてイベント「Pokémon GO Tour:カントー地方」が開催されます。

本イベントは「Pokémon GO Fest 2020」と同じく、事前にチケットを購入することで参加できる有償イベントです。

また今回のイベントには「バージョン」という大きな特徴があり、購入したチケットから「」「」のいずれかを選択することで、出現するポケモンが大きく変わります。

そこで本記事では、イベントの内容や、それぞれのバージョンで出現するポケモンと特徴を紹介していきます。

【イベント開催期間】
2021年2月20日(土) 9:00 〜 21:00

イベントについて


本イベントでは、チケットの購入に関係なく、すべてのトレーナーに適用されるボーナスも存在します。

Pokémon GO Fest 2020」の時とは異なり、チケット購入者と非購入者の違いがはっきり示されているため、今回はしっかりと内容を確認した上で、チケットを購入するかどうか考えましょう。

【チケット購入で得られる内容】

こちらは、チケットを購入した場合に得られる特典で、バージョンの選択には関係ありません。

  • カントー地方で発見された150匹のポケモンが野生、レイドバトル、スペシャルリサーチ、おこうで出現。
  • カントー地方で発見された150匹のポケモンをゲットするとリワードを獲得可能
  • 「赤」か「緑」の参加チケットを選べる
  • カントー地方のすべてのポケモンが色違いのすがたでも登場
  • 特定のポケモンに限り、野生で色違いのすがたに出会える可能性が上昇(選んだバージョンで変化)
  • 参加者限定のスペシャルリサーチが配信
  • 限定のスペシャルリサーチをクリアすると、限定スペシャルリサーチの第2弾が受け取り可能。クリアすると色違いミュウを入手可能
  • カントー地方のポケモンをゲットする際に入手可能なアメが増加

【全トレーナーに適用される内容】

以下のボーナスは全てのトレーナー(チケットは必要ありません)が体験可能。

  • カントー地方で発見されたポケモンが野生とレイドバトルに出現
  • フリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウツーが伝説レイドバトルに登場
  • 特別な技としてフリーザーはぼうふう、サンダーはでんきショック、ファイヤーはゴッドバード、ミュウツーはサイコブレイクを覚えている
  • 全てのトレーナーが挑戦可能なタイムチャレンジを受け取り可能
  • ポケモンを交換可能な距離が40kmに拡大

チケット購入における最大の利点は、後述する「バージョン選択」による色違いおよび「おこう」による一部ポケモンの出現率アップと、ミュウの入手の2点でしょう。

逆に、レイドバトルでサイコブレイクミュウツーを狙うだけの場合、チケットの購入は不要とすら言えますね。

バージョンの違いまとめ


2種類のバージョン「」と「」では、おこうで出現するポケモンと、色違いが出やすくなるポケモンの2点に違いが出ます。

内容は以下の通り。

■おこうで出現するポケモン

アーボ ニャース
ナゾノクサ マダツボミ
マンキー サンド
ガーディ ロコン
ストライク カイロス
エレブー ブーバー

なお、おこうで出現するポケモンは、もう片方のバージョンでは引き寄せられません

■色違いが出やすいポケモン

※「フシギダネ」「ヒトカゲ」「ゼニガメ」「ポッポ」「ピカチュウ」「イーブイ」「ミニリュウ」は両方に該当。

アーボ ドガース
ニドラン♀ ニドラン♂
ナゾノクサ マダツボミ
ディグダ サンド
マンキー ニャース
ガーディ ロコン
ポニータ イシツブテ
シェルダー コダック
スリープ タマタマ
クラブ タッツー
サワムラー エビワラー
ベロリンガ モンジャラ
ストライク カイロス
エレブー ブーバー
カブト オムナイト

上記2点がバージョンによる違いとなりますが、まず一つ注意点。

バージョンによる色違いの出現率ですが、あくまでもこれは色違いが出やすいというだけ。ポケモンそのものの出現率に偏りがあるかどうかは不明(色違いが出やすいポケモンは、おこうに引き寄せられるポケモンとは違い両バージョンで出現します)なので、おこうに引き寄せられるポケモンのリストを軸に選択するバージョンを考えると良いかも。

それを踏まえた上で考えると、「おこう」のリストで特に狙い目となるポケモンは以下(文字色はバージョン)。

  • ガーディ(ウインディ)
  • ストライク(ハッサム)
  • エレブー(エレキブル)
  • マダツボミ(ウツボット)
  • ブーバー(ブーバーン)

また、リージョンフォルム(アローラやガラルなど)を含めた場合は、以下のポケモンも狙い目。

  • ニャース(ニャイキング)
  • サンド(アローラサンドパン)
  • ロコン(アローラキュウコン)

どちらのバージョンが絶対にオススメとは一概に言えませんが、図鑑を埋める目的で単純に所持していないポケモンが多いバージョンを選ぶというのも、十分な理由となるでしょう。

さらに言えば、欲しい色違いポケモンが出やすい方のバージョンを選ぶのもアリです。

あくまでも参考程度に留めておいて、リストを改めて見直して、慎重にバージョンを選んでくださいね!

関連記事
【ポケモンGO】色違いミュウの実装が決定! 全てのカントーポケモンが登場する「Pokémon GO Tour:カントー地方」イベントの開催が決定 2020/12/09 07:00
【ポケモンGO】色違いミュウの実装が決定! 全てのカントーポケモンが登場する「Pokémon GO Tour:カントー地方」イベントの開催が決定

©2020 Niantic, Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

この記事も見られてます

カントーセレブレーション開催中!


カロス地方のポケモンが実装!


XP上限開放!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!