iPhone miniは「’21年で終わり」と著名アナリスト。iPhone 14のカメラやラインナップの予測も公開

ついにiPhoneからノッチが消えるかも?2022年〜23年のiPhoneのスペックについて、著名アナリストのミンチー・クオ氏が予想しています。


* Source:appleinsider9to5Mac

来年はminiモデルが廃止され、Proのカメラが48MPに?

クオ氏によると、miniモデルについては「今年限りで廃止される」とのこと。代わりに、Pro Maxと同じ6.7インチサイズの廉価なiPhoneがラインナップに追加されると予想しています。

つまり、来年2022年に発売されるiPhoneの名称が仮に「iPhone 14」シリーズだとすれば、

  • iPhone 14(6.1インチ)
  • iPhone 14 Max(6.7インチ)
  • iPhone 14 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 14 Pro Max(6.7インチ)

と、このようなラインナップになることが予想できます。さらにクオ氏によれば、Proシリーズのメインカメラセンサーの解像度は、現在の12MPから48MPにグレードアップされるそうです。なお、他のラインナップのカメラや、超広角、望遠については言及していません。

2023年のiPhoneではノッチが廃止か

iPhoneのノッチが大きい理由の一つとして、Face IDが搭載されていることが挙げられます。クオ氏によれば、AppleはそのFace IDをディスプレイ下に埋め込むことを計画しているとのこと。

この計画により、Appleは2023年のモデルでiPhoneのノッチを廃止し「パンチホール型」のディスプレイを採用するとクオ氏は予想しています。なおAppleは最近、ディスプレイ下にFace IDを埋め込む技術に関連するような特許を取得しています。

<関連記事>

  • サクッと5000円もらえる

    「LINE FX」アプリの口座開設&トレードキャンペーンが狙い目!!


    » » » 記事を読む

  • ミンチー・クオ氏の予測

    iPhone 13はとうとうノッチ縮小?新機能「触覚通知」の


    » » » 記事を読む

  • これがUnstoppable Domainsだ

    一攫千金も夢じゃない! 仮想通貨で売買可能な「ブロックチェーン・ドメイン」とは?


    » » » 記事を読む




<おすすめ動画>

Technology テクノロジー

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!