Appleの影がチラつく自動車業界、次なる狙いは自動運転プラットフォーム覇権

テック&ガジェット記事、好評連載中!
テクノロジーとガジェット記事のバナー画像



様々な噂が飛び交う『Apple Car』ですが、海外メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は最近のレポートで、「消費者が購入できる車」ではない可能性があると指摘しています。


*Source: WSJ Via:MacRumors

Apple Carは売りモノではなく「タクシー」かもしれない

WSJによれば、Appleが狙っているのは「ロボットタクシーサービス業界」かもしれないとのこと。つまり、自動運転のタクシーサービスです。

この業界のライバルとして挙げられるのが、Google系の「Waymo」やAmazonが買収した「Zoox」などです。最近ではZooxがNvidiaの技術を活用した完全自動運転(レベル5)のタクシーを発表するなど、技術の進歩にはかなりの勢いがあります。



This is Zoox/YouTube

しかし実際のところ、ロボットタクシーは一部の実験を除き、実用されるまでは至っていません。Appleが早い段階で参入すれば、この業界で強い存在感を示せることは間違いないでしょう。

もちろん、これらはあくまで証拠のない推測です。しかし、最近のモビリティ業界の動向を見る限り、Appleが「モビリティのプラットフォーム」を目指すというのは確かに理にかなっているのかもしれませんね。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


お す す め 記 事

  • 33歳男性「口座に1億3400万円あるよ」

    2カ月で資産68倍、普通の人から爆速で億り人になった彼が投資した仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • 20代で資産1200億円超!

    彼がすべてを賭け、巨万の富を得た仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • ビットコインをアプリで簡単に買う方法

    スマホで完結、最短5分でできる! iPhone・Androidスマホ両対応


    » » » 記事をよむ


  • お す す め 動 画



    話題のスマホを手に入れよう!

    最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

    参考になったらシェアお願いします!
    Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
    ▼新着記事やオススメ記事を投稿中!