プライムデーで爆安『Redmi Note 10 Pro』がほぼ3万円に!『iPhone 12』にコスパで圧勝のXiaomi製Androidスマホ

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



コスパ最強のスマホとして話題の、XiaomiのAndroidスマホ『Redmi Note 10 Pro』のスペックをご紹介します!

なお、現在『Redmi Note 10 Pro』はAmazon『プライムデー』セールの対象になっており、最強のコスパに拍車が掛かっています。このセールは6月22日23時59分まで実施中です。

Source:Xiaomi
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone 12』に負けてない。コスパ最強のスマホ、Xiaomi『Redmi Note 10 Pro』の性能


Xiaomiは世界で3位のシェア率を誇るスマートフォンメーカーです。そのXiaomiから日本上陸した最強コスパスマホ『Redmi Note 10 Pro』のスペックを最新『iPhone 12』シリーズと比較しながらご紹介します。

『Redmi Note 10 Pro』のディスプレイは、『iPhone 12』と同じく有機ELを採用。さらに最大リフレッシュレート(画面の動きの滑らかさ)は通常の2倍の120Hzで、これは『iPad Pro』と同じ数値です。


サイズは6.67インチとやや大きめ。ほぼ『iPhone 12 Pro Max』と同じサイズです。大画面でコンテンツを楽しみたいという方にオススメ。


デュアルスピーカー搭載、3.5mmイヤホンジャック搭載の搭載にハイレゾ再生への対応など、オーディオ面の機能も充実しています。


カメラは1億800万画素の大型センサーを採用。解像度のみでいえば、『iPhone 12』の1200万画素を大きく上回っています。もちろんカメラ性能は解像度だけで決まるわけではありませんが、少なくとも価格以上のカメラスペックを誇るのは確かです。


プロセッサには『Snapdragon 732G』を搭載。さすがに『iPhone 12』シリーズと比べるとやや性能は低めで、5Gにも対応していません。ただし、それでも普段遣いにや軽いゲームプレイには十分過ぎるスペックです。ストレージは6GB RAM+128GB ROMとなっています。


バッテリーは5020mAhとかなり大きめ。『iPhone 12 Pro Max』のバッテリー容量が3,969mAhなので、そのバッテリー容量の大きさが分かるはず。通常使用であれば、最大2日間はバッテリーが持つそうです。充電は最大33W対応となっており、メーカー公称値では30分で59%の充電が可能、とのこと。


筐体は背面もガラスで包まれており、高級感はiPhoneなどのハイエンドスマホにも劣らないほど。指紋認証センサーは電源ボタンに内蔵されているため、電源をつける動作だけでスマホを起動できます。


これだけの性能を備えていながら、なんと価格は通常34,800円から。さらにAmazonでは現在『プライムデー』セールの対象になっており、10%オフの31,320円で販売されています。

筆者もXiaomiのスマホをメインとして使っていますが、使用感は流石世界3位のメーカー、といったところ。メインスマホとしてはもちろん、プライベート用のサブスマホなどとして購入するのもありですよ!購入・詳細は以下より。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro


(↑)上の画像をタップorクリックすると公式サイトに移動します。

あわせて読みたい 👀


*本サイトに記載されたURLを経由して売り上げ等が発生した際は一部が製作者に還元される場合があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!