【モンハンライズ】イベクエ史上過去1の性能!! オロミドロを狩猟して異国の文化を手に入れよう

全属性プラス&翔虫使い Lv2を備えた脚装備を作ろう

 

Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』の最新イベントクエスト“泥の翁のポップカルチャー”が本日2021年6月25日(金)から始まった。

今回入手できる限定素材“ワイルドな黒革”を使って生産する足装備は、翔虫使い Lv2と装飾品 Lv3を備えたとても優秀な1品だ。

狩猟ターゲットは砂原のオロミドロ。

その手応えと役に立つかもしれない小ネタを交えてリポートするぞ。

翁だけど嫌われ者!? オロミドロを追え

声に出して言いたいポップでカルチャーな翁

攻撃しているのが頭部か尻尾かわからない、現場が大混乱になりがりでおなじみ泥翁竜オロミドロ。

今回配信されたイベントクエストの舞台は砂原、これまで大社跡や水没林に出現していたターゲットを異なるフィールドで目にできるのはそれだけで新鮮な体験だ。

▲オロミドロには火属性が有効。水やられ状態にする攻撃を備えているのでウチケシの実を準備しておこう。

 

オロミドロが撒き散らず泥には移動を妨げる通常タイプのほか、怒り状態になるとダメージを伴うタイプの2種類が存在する。

光沢のある泥なので見分けやすく、泥雪耐性を備えておけばダメージを無効化できるので、どうしてもオロミドロが苦手というハンターは対策の1つとして覚えておこう。

▲2種類の泥があるとわかっていてもそこら中に撒かれては対処するのも困難。気づけば力尽きていたなんてことも起こりうるので要注意だ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!