『iPhone 13』はノッチ小型化&カメラ大型化、超絶リアルなダミーモデルを著名テック系YouTuberが解説!

iPhone 13』のダミーモデルを、海外の著名テック系YouTuberのマーケス・ブラウンリー(MKBHD)氏が解説しています。

Source:Marques Brownlee
*カテゴリー:テクノロジー technology

著名テック系YouTuberが『iPhone 13』シリーズのダミーモデルを入手

こちらがMKBHDが入手した『iPhone 13』シリーズのダミーモデル。


MKBHDは、ダミーモデルを手にしてみると、『iPhone 13』シリーズは『iPhone 12』シリーズとかなり似たデザインであることが分かる、といいます。


同じ形、同じ大きさで、これはもちろんフラットなラインと一致しています。昨年の『iPhone 12』シリーズ以前のものは、1つのデザインに固執していたので、このデザインは理にかなっています。


ポートも、前モデルと同様にLightningポートを搭載しています。スピーカーの配置も同じです。


大きく変わった部分は、カメラモジュールです。『iPhone 13』及びminiのダミーモデルはカメラの配置が斜めになっていることが分かります。


『iPhone 13 Pro』及び『iPhone 13 Pro Max』のダミーモデルは、カメラユニットが大型化していることが分かります。MKBHDは、これによってセンサーシフトが大型化でき、手ぶれ補正が向上しているかもしれないといいます。


さらに、ダミーモデルではノッチのサイズが小さくなっていることも確認できます。


こちらはおそらく『iPhone 13』のダミーモデルに画面を合成したものですが、実際にノッチ部分のサイズはこのように小型化するといわれています。スピーカーの配置がより上の部分に変更され、その分ノッチが縮小していることが分かります。


もちろん、このダミーモデルのデザインはAppleの正式なものではなく、実際のところは発表まで分かりません。ただし、このダミーモデルがこれまでのリークとほぼ一致していることは注目すべき点です。9月の発表が楽しみですね!

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!