新型『iPad mini』はUSB-Cポート採用、A15プロセッサ搭載で今年登場と海外メディアがリーク

» テック&ガジェットの最新記事を読む 👀


第6世代となる新型『iPad mini』について、Appleに詳しい海外メディア9to5Macが新たにリークしています。

Source:9to5Mac,RENDERS BY IAN
*カテゴリー:テクノロジー technology

新型『iPad mini』はA15搭載、Lightningポート廃止でUSB-Cに対応か


9to5Macは、新型『iPad mini』は最新のA15プロセッサを搭載し、USB-Cポート、スマートコネクタを搭載する、という情報を信頼できるソースから得たとのこと。


このA15プロセッサは『iPhone 13』シリーズに搭載されるものと同じもの。ただし、Appleは今後にむけ、より強力なA15Xプロセッサの開発にも取り組んでいるそうです。

LightningポートからUSB-Cポートへの切り替わりもシリーズの大きな転換点となりそうです。また、スマートコネクタの搭載により、新型『iPad mini』向けのスマートコネクタ対応アクセサリも登場するだろうとしています。


これまでのリークによれば、新型『iPad mini』はホームボタンが廃止、ベゼルがスリムになり、新型『iPad Air』に近いデザインになるといわれています。


なお、記事内の画像は全てジョン・プロッサー氏のリークからIan Zelbo氏が作成したもの。今回明らかになったリークは、このジョン・プロッサー氏の予想とほぼ一致していました。

9to5Macによれば、この新型『iPad mini』は今年後半に登場するとのこと。また9to5Macは、A13チップを内蔵したエントリー向けの『iPad』の登場も示唆しています。




話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!