iPhone 13(仮)や新型『AirPods』『iPad mini』などが今秋発表か。5つのApple製品の登場を経済紙記者が予測

iPhone 13(仮)を始めとした、今秋登場が予測されるApple新製品をまとめた経済紙記者マーク・ガ―マン氏のニュースオンレターを、海外メディア9to5Macが紹介しています。

Source:9to5Mac,rendersbyian.com
*カテゴリー:テクノロジー technology

今秋発表が予測される5つのApple新製品

【1】iPhone 13


大手通信社『BloomBerg』の記者であるマーク・ガ―マン氏は、Appleの新製品に関しての正確な予測でよく知られています。

そのガ―マン氏によれば、iPhone 13はいくつかのアップグレードを備えて今秋発表されるとのこと。ただし名称に関しては、いまだ不確定なところもあるようです。

スペック面では、画面サイズは前モデルと同じ、ディスプレイ上部のノッチが小さくなるとのこと。新しいカメラ機能としては動画撮影でのポートレートモードのサポートや、より高速なA15チップ、Proモデルではディスプレイのリフレッシュレートが120HzになるProMotionが搭載されると予測しています。

【2】Apple Watch Series 7


Apple Watch Series 7についてガーマン氏は、よりフラットなディスプレイとその機能の改善、より高速なプロセッサを備え、「ちょっとした再設計」を期待しています。

また、『Apple Fitness+』加入者向けのTime to Walk機能のバリエーションとして、Time to RunやAudio Meditationsなども準備していると予測しています。

【3】新型『AirPods』


ガーマン氏は、今秋登場する『AirPods』の新モデルは新しいインイヤー形状と短い軸を含む、AirPods Proに近いデザインになると予測しています。同氏はこれが「2016年に最初のモデルがデビューして以来、AppleのAirPodsラインナップの最も重要なアップデート」になるとしています。

なお9to5MACによれば、新型『AirPods』はANCや外音取り込みモードを備えていませんが、その新しいデザインは音をよりよく分離するのに役立つ、との噂があるとのこと。

【4、5】新型『iPad mini』及び『iPad』


ガ―マン氏によれば、新型『iPad mini』は「境界線が細く完全に再設計され、Appleファンのお気に入りになる」とのこと。

9to5Macはこれについて、新型『iPad mini』はA15チップ、USB-Cコネクタ、『iPad Pro』と同様の磁気スマートコネクタを備えているという情報を補足しています。

またガ―マン氏は「学生向けにスリムで高速な第9世代iPadも登場します」と述べています。なお、この新型『iPad』のデザインが大きく変更される噂は今のところありません。

ガ―マン氏は、M1Xチップを搭載した改良された14インチおよび16インチの新型『MacBook Pro』は9月のイベントで発表される予定はないとしていますが、「現在のMacBookProが2年を迎えるまでに発売されているはずだ」と述べています。



話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!