『Galaxy Fold』の進化形 !サムスンが2つ折りスマホやAIスピーカーのコンセプトをIMID 2021で公開

サムスンが韓国のディスプレイ産業展示会IMID 2021(International Meeting for Information Displays)にて、2つ折りの新型スマートフォンなどのコンセプトを展示しています。

Source:Android Authority,SLASH GEAR
*カテゴリー:テクノロジー technology

サムスンが2つ折りのコンセプトスマホやAIスピーカーを公開



展示されたサムスンの2つ折りのコンセプトスマホが、実際に折りたたまれている様子は映っていません。しかし、このコンセプトスマホが『Galaxy Z Fold 3』などのデザインをベースにしていることは明らかなので、動作を想像するのは容易です。

海外メディア『Android Authority』は、サムスンが今年5月に同じ形状の動作しないモックアップを展示していたことを指摘し、「非常に短期間での大きな進歩だ」と評価しています。

なお、サムスンはこの折りたたみ式技術を“マルチフォールド”と呼び、この製品を『Samsung Flex In & Out』と呼んでいるとのこと。

サムスンは他にも、摂氏-20度の環境下でも変形せずに動作可能な、新しい7.6インチの折りたたみ式有機ELディスプレイを公開。


12.4インチのフレキシブル有機ELパネルを搭載した新型のAIスピーカーも展示しました。このフレキシブルディスプレイは、スマートフォンからの操作で折りたたまれたり展開したりする動作を見せています。


これらを紹介した海外メディア『SLASH GEAR』は、このデバイスが「来年中に店頭に並んでいても不思議ではない」と評価しています。

『Galaxy Fold』シリーズなどで一般認知されつつある折りたたみスマホやフレキシブルディスプレイ。今後は、高いディスプレイの技術を特徴とするサムスンの大きな武器となりそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!