分離合体式のジンバル一体型カメラ『Feiyu Poket 2S』ハンズオン。手ブレ補正は強力、分離機能を活かすのは難しめ


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

カメラとモニターが分離するジンバル一体型カメラ『Feiyu Poket 2S』を試してみました。

Source:Feiyu Poket 2S
*カテゴリー:テクノロジー technology

3軸ジンバルカメラ『Feiyu Poket 2S』



サイズは思ったよりコンパクト。本体部分がすっぽり手に収まるくらいです。


起動すると、カメラが動いて正面を向きます。分離するモデルは台座の丸い側を前に向けておけばちょうどカメラが正面を向きます。


本体のディスプレイは小さいですが、タッチ操作に対応しています。

左右に振ると、カメラが遅れて動きに追従します。この仕組によって、手ブレが物理的に抑えられるようです。


カメラは上下にも稼働するので、縦揺れも平気です。ちなみにこの機構は分離するカメラ側についているので、分離させてもブレは抑えられます。


実際に撮影してみました。この場面では階段を駆け足で降りているのですが、ほとんどブレません。これなら歩行や運動などでも安定した撮影ができそうです。

※都合上、動画の音は消しています

左右に早く振っても、カメラはぶれていません。かといって追従が遅すぎるわけではなく、ちょうど良い速度のように感じます。

『Feiyu Poket 2S』の特徴である、カメラと本体が分離する機能を試します。分離といっても有線なのですが、これによって様々なアングルやシチュエーションでの撮影が可能になるとのこと。コードの長さ(まっすぐ伸ばした場合)は実測値で90cm。写真の比較は2Lペットボトルです。


とりあえずカメラだけを分離して、手持ちで低いアングル→高いアングルへの移動を撮影してみました。

やはりブレはなく、上手く活かせばダイナミックな撮影もできそうです。とはいえ、ほとんどの撮影は手持ちで出来てしまうため、この機能を活かすシチュエーションは少ないように感じました。なにより、毎回伸ばしたコードを綺麗に収納するのはけっこう手間です。

公式では、モトブログや腕につけて撮影することを推奨しているようです。筆者は試せませんでしたが、確かに乗り物との相性は良さそうです。


出典:Feiyu Poket 2S/Makuake

また、専用の伸びる延長ロッドも別売りで販売されています。顔を認識して追尾する、フェイストラッキングモードと合わせるのも面白そうですね。

『FeiyuTech Poket 2S』の内容物はバンド、物にカメラをくっつけるための台座、充電/接続ケーブルの3種です。また付属していませんが、撮影にはmicroSDカードが必須です。こちらはレビュー用にお借りしたものなので、実際の製品とは異なる可能性があります。詳しくは下記の製品ページをご確認下さい。

『Feiyu Poket 2S』は応援購入サイトMakuakeで公開中。価格は33,890円(税込)からで、現在予約販売を受け付けています。

ワクワクが止まらない!カメラ付きジンバルの新しい形 Feiyu Pocket 2


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!