斬新すぎる「スライド式iPhone 14」の仮想CG→これどこかで見たような……

スライド式の機構を搭載したiPhone 14の仮想CGを、iPhoneのコンセプト動画を投稿する海外YouTubeチャンネル『ConseptsiPhone』が公開しています。



 * Category:テクノロジー technology
 * Source:ConseptsiPhone, LG, ドコモ

スライド式iPhone 14の斬新な仮想CG


こちらがiPhone 14の仮想CG。カメラ部分は飛び出しておらず、著名リーカーのジョン・プロッサー氏がリークしたものと少し似ています。


端までディスプレイが広がっており、カメラはパンチホール型になっています。


このカメラは画面下に隠れるという設定。不思議な技術ですが、実は一部スマホではすでに実現されています。


画面内指紋認証センサーも搭載。これは結構欲しい機能です。


そしてこのiPhone 14の最も大きな特徴が、スライド式になっていること。なんと2つ目の画面が出てきます。


キーボードのようにつかうこともできるようです。これは中々便利そう。


アプリを2つ同時起動することもできそうです。意外とありかも?とはいえ、サブディスプレイはちょっと狭すぎるのが気になりそうです。


この、スライド式iPhone 14のラインナップはこんな感じ。


ちなみに似たような機構を採用した実在のスマホとしては『LG
Wing』があります。が、こちらはT字になるというさらに変態的な機構になっています。


このようなスライド式の携帯、どこかで見たことがあると思ったのですが、よく考えたらガラケーにこんなのがあった気がします。横にスライドするものもありましたよね。

そうそう、こんな感じのやつです。ちなみにこれはSHARPの『SH-04A』。


最近のトレンドとなりつつある折りたたみスマホですが、斬新ながらも再びガラケーの時代の時代に戻っているような、不思議な感覚があります。スライド式iPhoneが出るかどうかはともかく、Appleもたまには面白端末を出して欲しいところです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!